【飾り】子供でも簡単!手作りクリスマスツリーの作り方|立体、折り紙、フェルトなど

今回は、大人だけではなく子供でも簡単に作れるクリスマスツリーを41個紹介していくよ~。

星の数ほどあるYouTube動画の中から、これは!!と思ったものを厳選してみたからなかなか見応えがあるはずよ。

数が数だから全部見ている暇はないと思う。時間に余裕がない人は下の目次を開いて気になったものだけを確認してみてね。

注意

動画を全て埋め込むとページがめちゃめちゃ重たくなるから、画像に差し替えて新しいタブで開くように設定してあるよ。動画を見る場合は画像をクリックするか『作り方へ』をクリックしてみてね。


SPONSORED LINK

この記事の目次

100均グルーガンDIY

cats

100円ショップのグルーガンとLEDキャンドルを使ったオシャレなクリスマスツリー。サイズは小さいけどキャンドル効果で存在感抜群。

グルーガンはダイソーで100円・・・とはいかないけれど、200円で購入出来るから案外手軽に手に入るんだよね。

日常的に使っている人はあんまいないだろうけど、この機会に使い方を覚えて見るのもいいかもね。新しい挑戦!!みたいな感じで。

作り方はかな~り詳しく紹介されているから、グルーガンを一度も使ったことがない人でも安心して進めていけると思うわ。

折り紙のクリスマスツリー

cats

折り紙でクリスマスツリーを作りたい!って人は多いと思う。

小さな子供がいる家庭なら必ずと言っていいほどあるものだから、思い立ったらすぐ作れるのが強みなんだよな。

この動画では平面ではなく立体のクリスマスツリーの折り方が紹介されている。平面じゃないから、ただ置いておくだけではなく立たせて飾っておけるのが良いね。

ただ折るだけでなく、ハサミで切ったり細かい作業があり、手先が器用でない人は完成まで10分以上かかってしまうのが難点。でも、それでもたったの10分と考えれば気持ち的に楽なはず。

動画では緑の折り紙を使ってるけど、青とか黄色とか自分なりにアレンジしてみるのも全然ありだと思うわ。

プロペラビーズを使ったクリスマスツリー

cats

ビーズを使ったクリスマスツリーの作り方が紹介されているよ。ビーズといってもプロペラビーズというものを使っているからね。

プロペラビーズは普通の米粒のようなビーズではなく、雪の結晶のような形をしたビーズのことだね。

以前は手芸屋さんでしか売っていなかったようだけど、今は100円ショップでも購入出来るし、確認してみたらAmazonでも480円くらいで販売されていたから、比較的手に入れやすいと思う。

25分くらいの長い動画だけど、それだけ丁寧に紹介されていると考えると、全部見る価値はあるんじゃないかな。

色が緑じゃないからか、クリスマス以外に飾っておいても違和感なさそうな気がする。

ミニクリスマスツリー

cats

スワロフスキー・クリスタルをTピンに通してピン丸めするだけで、とても簡単に作れる小さくて可愛らしいクリスマスツリーだよ。

パーツが小さいから作っている途中に無くさないように気を付けよう。これは女性の方が作るの得意そうだな。ピアスやキーホルダーなど、自分好みのアイテムアレンジして楽しんでみてね。

A4画用紙で作るクリスマスツリー

cats

A4画用紙作るクリスマスツリー。同じパーツを組み合わせていくだけで最大1.5メートルのツリーを作ることも出来る。

文字通り使うのは画用紙だけ(カッターとかボンドは必要)だから、コストパフォーマンスは最強だと思う。

動画では白の画用紙をそのまま使っているけど、白の画用紙を緑に塗ったり、元から緑の画用紙で作っていけばクリスマスらしさが出てきそうだ。

クリスマスツリー(マインクラフトver)

cats

リアルのクリスマスツリーではなく、マインクラフトというゲームの中でクリスマスツリーを作る方法を紹介しているよ。

必要なものは、レンガ、土、ブロック、葉っぱ、レッドストーンランプ、レッドストーンブロック、赤のウール、金のブロック、ダイヤモンドのブロック。

俺はマインクラフト一度もやったことないから、これがどのくらい難しいのか分からない。動画を見ていけるかも!と思ったら作ってみて欲しい。

松ぼっくりの卓上ツリー

cats

秋から冬にかけて手に入る、松ぼっくりを鉢の上に乗せて、合わさる部分を接着剤でのり付けしていく。動画では3種類のミニツリーがそれぞれ紹介されている。

松ぼっくりの他に、100円ショップで購入できるビーズ付きのかわいい紐、モール、リボンなどをデコレーション用として使用している。

材料さえ揃えてしまえば簡単に作れそうだね。

プラ板で作るクリスマスツリー

cats

この動画で紹介されているクリスマスツリーを作るには、プラ板、板やすり、下絵、パステル、はさみ、ホワイトペン、オーブントースター、オーブンシート、クラフトボンドが必要になるよ。

とにかく可愛らしい!!

子供に作ってあげたら絶対喜ぶと思う。難しい作業はないし、色を塗る作業なら小さな子供でも出来るはずだから、親子で一緒に作ってみるのもいいかもしれない。

クリスマスツリーランプ

cats

暗いところでも綺麗な明かりを灯してくれるクリスマスツリーランプの作り方が紹介されている。

紐が沢山括り付けてあるから、明るいところでは言うほど綺麗じゃない。あくまで暗いところで真価を発揮してくれるものだね。

めっちゃ早送りの動画だから、じっくり見たい時は、右下の『歯車のアイコン』から『速度』を選択して『0.25』『0.5』に変更しておこう。これで元が早い動画でも急かされることなく見ることが出来るんだよ~。

まあ、気になる部分があったら一時停止しながらって方法もあるけど、これはかなり面倒だと思うわ。

牛乳パックで作るクリスマスツリー

cats

牛乳パックとトイレットペーパーの芯で作れるクリスマスツリーが紹介されているよ。

クリスマスツリーの中(牛乳パックの中)に、サンタさんやブーツなどを飾っておくとなかなか良い味が出そうだね。

この部分は自由にアレンジ出来るから、同じものを何個か作って違うものを飾ってみるのも良いんじゃないかな。

クリスマスチャーム(UVレジン)

cats

クリスマスツリーの形をしたチャームの作り方が紹介されている。

必要な材料は動画を見てもらっても分かるけど、デザインフレーム、UVレジン、シェルパウダー、スワロフスキー・クリスタル、クリアファイル、マスキングテープ、つまようじ、UVライト、平ヤットコ、Cカン、ショートチェーンなど。慣れてないと材料集めから大変!

完成後はネックレスやバックチャームとして使える。可愛い女の子を演出してくれる心強いアイテムになってくれるな。

スワロのツリー

cats

ビーズのクリスマスツリーなんだけど、スワロフスキーが使われているからか宝石みたいでめっちゃ綺麗だよ。

作り方は動画を見ながらでも難しいんだけど、字幕や作り方の紙を使って教えてくれるから、材料が揃っていることが前提で諦めなければ動画と同じものが作れるはず。

クリスマスツリーのポップアップカード

cats

クリスマスツリーのポップアップカード。型紙は『KAGISIPPO』からダウンロード出来たみたいなんだけど、残念ながら今型紙を配布していたページがなくなっている;;

と思ったらURLが変更されているだけで『こちら』のクリスマスツリーからダウンロード出来るみたい!やったね!後は動画を見ながら作っていけば簡単に作れるはず。プリンターがない人はマンガ喫茶とかコンビニで印刷するしかないね。

これだけ立体が表現できてるのに、ちゃんとカードを2つに折れるのが凄い。

簡単に作れるクリスマスツリー

cats

ただの白い紙からクリスマスツリーを作る方法が紹介されている。のりやボンドも必要ない。紙とハサミがあればすぐに作れるのが良いね。

こっからは余談。このアップ主は2016年4月20日からアップロードを開始して約半年経っているけど、再生数がいまいち伸びてないね。

説明も分かりやすいしカメラワークも悪くないから、後は動画の更新頻度かな。毎日更新してればチャンネル数1万とか普通にいきそう。

クリスマスツリータルト

cats

クリスマスツリーの形をしたタルトの作り方が紹介されているよ。タルトのほかにカスタードクリーム、イチゴ、ブルーベリー、生クリーム粉砂糖が必要。

タルト生地をツリーの形にカットするのが最難所なんじゃないかなと。食べなくても絶対美味しいのが伝わってくる(笑)

クリスマスツリーパンケーキ

cats

オーブンがなくても作れるクリスマスケーキ風のパンケーキ。美人な外国人が作り方を一生懸命教えてくれてる。まあ英語なんだけど字幕もあるから何も問題ないと思う。

どう考えてもボリュームがありすぎて食べきれない。家族や友達を呼んでみんなでワイワイして食べたいね。イチゴで作ったサンタもめちゃくちゃ可愛い!!

バルーンクリスマスツリーキット

cats

小さなバルーンや長細いバルーンを使って作るクリスマスツリーだよ。俺は、風船とか浮き輪に空気を入れるのがすごく苦手・・・というか入れることが出来ない(突然の告白)

だから、動画で使っているような空気入れがあると、ほんと作業が捗ると思う。空気を入れるのが得意な人でも、沢山やってると凄く疲れるみたいだし。

難点はやっぱり、空気をしっかり入れても段々空気が抜けていっちゃうことだよね。クリスマスの一か月前とかに空気を入れちゃうと原型を留めていないかもしれない。

ゲームセンターとかあっち系のホテルに置いてありそうな感じ(失礼すぎ)

クリスマスツリーチョコマフィン

cats

本当のチョコレートマフィンだからね。残念だけど、これだけ綺麗なのに飾っておくことは出来ないよ。動画を見る限り味付けに相当こだわっている・・・気がする(素人視点)

ケーキ屋とかでクリスマス限定でこのチョコマフィンが販売されていたら、若い人たちに大盛況だと思うけどね。サーティーワンアイスクリームとかで。

クリスマスツリー型小物入れ

cats

牛乳パックで作るクリスマスツリー。材料は牛乳パックの他に、緑と茶色の画用紙が必要だよ。

今回のクリスマスツリーは小物入れとして完成後も長く使っていけるのがポイント。所詮紙だから将来的には捨てることになるけど、クリスマスが終わったらすぐにゴミ箱行きにはならなさそう!エコだね。

紙コップとトイレットペーパーの芯を使ったクリスマスツリー

cats

紙コップとトイレットペーパーの芯を使ったクリスマスツリーの作り方が紹介されているよ。

紙コップは3個、トイレットペーパーの芯は1つ必要になる。その他に緑の画用紙や飾り用のシールは・・・100円ショップで揃いそうだね。

紙コップは円すいの形をしていないからこれが限界かなと思う。

トイレットペーパーの芯がもともと木の色だからぴったりなんだよね。もう少し濃い茶色が良いな!って思ったら、茶色の画用紙を用意するか、油性マジックで塗りつぶせば良いしな。

きゅうりのクリスマスツリー

cats

きゅうりでクリスマスツリー作ったのってこの人が初めてじゃないか?初めてこんな奇抜なアイデア見たんだけど(笑)

しかも、この人めちゃくちゃ器用でちゃんとツリーの形になってるのが凄すぎる。

食べ物だからずっと飾っておくことは出来ないけれど、クリスマスが近づいて来たら子供のお弁当のおかずにぴったりだね。きゅうりが嫌いだとしても、こんだけ可愛らしい外観をしていたら食べやすいんじゃないかな。

木の枝を使ったクリスマスツリー

cats

木の枝を使った自然いっぱいの暖かいクリスマスツリー。

やることと言えば木の枝に緑と白の紐を巻き付けてツリーらしさを演出し、仕上げにビーズなどで飾りつけ、てっぺんに折り紙で折った星型をボンドで貼りつけるだけ。

必要なのは、木の枝と飾り付けに使う材料、後は黄色の折り紙だけだね。一番難しいのが星型の部分なんだけど、これは以下の動画で折り方が詳しく紹介されているから、是非参考にしてみてね。

ビーズで作るキラキラクリスマスツリー

cats

きらきら光るクリスマスツリーを作りたいあなたに朗報。作るのに必要な材料は糸、2.5㎝のベル、フラワービーズ、ロンベル。

それぞれ100円ショップで手に入りそうなアイテムだけど、あるかどうかは分からない。手芸専門店に行ったほうが確実かもね。最近では手芸専門のネットショップがあるからそっちでも良さそう。

クリスマスツリーミルフィーユ

cats

クリスマスツリー風のミルフィーユ!これがめちゃくちゃ美味しそうなんだわ。

全然クリスマスツリーというかホワイトツリーにも見えるけど、凄く綺麗だ。名高いケーキ屋さんのメニューにありそうなくらいレベルが高いと思う。

まあ、肝心の味は謎に包まれたままなんだけどね。そこら辺は動画だし?美味しそうで夢を見られるなら何でも良いんじゃないか(笑)

作り方も丁寧に教えてくれてるんだけど、料理がほとんど出来ない俺は一日あっても辿り着ける自信がない。これを見てるあなたが再現して作ったら是非食べさせて欲しいー。

フェルトで簡単に作れるクリスマスツリー

cats

緑色のフェルトを使ったクリスマスツリーの作り方が紹介されている。

木の部分をフライパンの蓋でサイズを測っててびっくりした。フェルト以外の材料は、布用ボンド、ツリーに貼りつける葉っぱが必要になるよ。

単純なんだけど、なるほどーと感心したツリーだったね。特に、最終工程でツリーの中に綿を詰めていたところなんかは、俺では到底思いつかない。こういうのがポンポン思いつく人はセンスがあると言わざる負えないよね。

クリスマスツリーカップケーキ

cats

クリスマスツリーの形をしたカップケーキ。普通に卵から作ってるから食べれるよ(笑)

でもここまでクリスマスツリーを再現してると、食べるのが勿体なくなるんだよな。味が美味しいのか、ただクリスマスツリーを再現するために色々混ぜただけのか純粋に気になるわ。

星がいっぱいのクリスマスツリー

cats

折り紙を折って作る星いっぱいのクリスマスツリー。パッと見は星型のチョコレートが無数にあるよう見える(笑)

折り紙といっても長細いものがいくつも必要になるから、大きな折り紙を購入してハサミで均等に切るのが良いと思う。

濃い緑、薄い緑、黄色、そしててっぺんに金色の折り紙。最低でもこの4種類の色は用意したいところ。

飛び出すクリスマスツリーカード

cats

必要な材料は、画用紙、折り紙、シール、ハサミ、カッター、のり、分度器、コンパス、定規、ペン。ほとんどは一般家庭にあるものだから苦労しなさそうだね。

クリスマスカードを開くとクリスマスツリーが飛び出す仕組みになっている。子供に見せたら喜びそうだね、メッセージを入れてプレゼントするのも良いかも。

クリスマスマスコット

cats

羊毛フェルトで作れるクリスマスツリー。ふわふわ感がたまらん!!なんでか分からないけど雰囲気がガチャピンに似てる気がする。

綿を巻き付けて刺していく作業が楽しそう。作業に夢中になりすぎて、怪我しないように気を付けてね。

クリスマスツリーのポテトサラダ

cats

ポテトサラダ!食べれるよ!!(笑)

材料はバジルソース、牛乳、ジャガイモ、ニンジン、スライスチーズ、ハム、塩があれば十分。最悪バジルソースとスライスチーズがあればどうにかなりそう。

動画を見れば俺でも出来そうだな。って思うんだけど、なかなか思いつかないアイデアなんだよな。こういうのをパッと思いついてすぐに行動できる人は素晴らしいわ。

見た目がとても綺麗だから食べるのが辛いね・・・。綺麗に保管しておきたくなる。

アイシングクッキー風クリスマスツリー

cats

off&onkitchenで購入出来る、3Dシリコンモールドを使ってクリスマスツリーを作っていく動画だね。同じものを用意するのは難しいけど、同じようなシリコンモールドを見かけたら是非挑戦して欲しいな。

見た目はクッキーみたいで美味しそうだけど、食べることは出来ないんだよね・・・残念(笑)

大人は見てすぐ判断できるだろうけど、小さな子供は分からないかもしれないから、間違って食べないように手の届かないところ飾っておく必要がありそう。

クリスマスツリー用リボン

cats

クリスマスツリーに飾るリボンの作り方が紹介されているよ。

リボンの結び方から、ワイヤーを使ってリボンを固定する方法。クリスマスツリーを作る以外にも使えそうなテクニックが盛りだくさん。しかも簡単!やっぱり動画は分かりやすくて良いね~。

この動画では比較的大きなリボンが使われているけど、自宅にあるツリーのサイズに合わせてリボンの大きさも調整しよう。

北欧風クリスマスツリー

cats

円すいの発砲スチロール、毛糸、ボンドで作れる北欧風のクリスマスツリー。

円すいの発泡スチロールに毛糸を巻き付けていく作業が意外と大変。ボンドが手にくっついたりてね(笑)ボンドはどこについてもいいように、乾いたら透明になるものを使っていこう。

てっぺんには星やビーズなどでオシャレに飾り付けをしよう。円すいの発泡スチロールは一応Amazonなら1,000円前後で購入出来るけどちょっと高いかなって思う。

材料費だけで考えるなら、次に紹介するUVレジンで作れるクリスマスツリーの方が良さそう。完成度が段違いだし、作った後も末永く使っていけるからね。作ったあとすぐにゴミ箱行きになったら悲しすぎるよね。

夜空のクリスマスツリー

cats

一番驚いたのがこれを作るのに必要な材料はほとんどセリアで購入できるということ。材料費ほとんどかからないでこんな凄いのが出来るのかと。

レジン枠ツリー、ネイルシール、シリコン型ジンジャーマン、和紙折り紙、穴なしパール、封入パーツ、UVレジン液、ラメゴールドなどが必要。

クリスマスツリーを作りたいけど材料費にお金がかけられないって人は是非挑戦してみてね。UVライトは少し高いけど、なければ時間がかかるけど、太陽で乾かすことも出来るからね。

聖夜の懐中時計

cats

楽しいクリスマスをイメージした聖夜の懐中時計。懐中時計なんだけどデザインはクリスマスツリー!!めちゃくちゃ綺麗!!

必要な材料は、UVレジン液、懐中時計フレーム、ピカエース、マスキングテープ、ビーズ、ラメ、丸ホログラム、デザインフィルムなど。UVレジンに慣れている人ならまだしも、これが初めてって人は心してかかる必要がありそうだわ。

個人的に金色のフレームが本当好き。金色とクリスマスツリーの緑色ってめちゃめちゃ合うね~。

完成したものはバッグチャーム、ネックレス、オーナメントなどに使える。クリスマス以外の季節でも、肌身離さず持っておきたいアイテムだよな。

バーラービーズの立体クリスマスツリー

cats

バーラービーズを使ったクリスマスツリーの作り方が紹介されている。

ビーズを1つ1つ設置していく作業がとても面倒・・・だけど、作業自体は単純で簡単だから根気強い人なら誰でも作れるよ。強いていうなら、ツリーって感じがあまりしないから寂しいかな。

バーラービーズはAmazonで販売されている1,100ピース1,500円前後のものがおすすめ。

紙袋で作れるクリスマスツリー

cats

この動画で紹介されているクリスマスツリーを作るには、紙袋の他にシュレッダー用のハサミが必要になるよ。

シュレッダー用のハサミは100円ショップでは購入することが出来ず、Amazonでは900円前後で販売されている。ちょっとばかし高いね。

その他にもストローと両面テープ。まあこれは各家庭によくあるものだから問題ないよね。

紙袋を切るだけでまともなクリスマスツリーが出来るんかな?とか思って見てたけど、想像以上の完成度でびっくり。

シュレッダー用のハサミが大活躍だね。普通のハサミでも出来るみたいだけど、仕上がりがを綺麗にするのが難しいとのこと。

紙袋がなかったら緑の画用紙でも代用できるよ~。緑の画用紙がなかったら白の画用紙を油性マジックで緑に塗れば良いし、何でもいける気がする。

羊毛フェルトで小さなクリスマスツリー

cats

羊毛フェルトで簡単に作れるクリスマスツリー。

他にも動画と同じものを再現するなら、松ぼっくりやビーズなどのデコレーションが必要になるけど、100円ショップに行けばすぐ手に入るし問題ないな。

材料が材料だけにクリスマスツリーっぽさがあまり出てないのが残念だけど、簡単に作れるという観点で見れば満点だね。

10分で作れる激安傘クリスマスツリー

cats

かの有名な?YoutuberのMEGWINが超絶簡単なクリスマスツリーの作り方を紹介してくれてるよ。

ただ傘を4つ重ねただけじゃないかーい!!とか思ってみてたら、ただのビニール傘にガムテープで色を付けて装飾もしっかりしてるし、馬鹿に出来ないほどまともなクリスマスツリーになってビビったわ。

製作費は、傘が1,000円、飾りが1,000円、ガムテープが900円、バケツが300円、土が200円で合計3,400円。大きい割に意外と安い!!

この頃のMEGWINは今よりめっちゃ若くて乗りに乗ってる感じがするわ。はじめしゃちょーとかHIKAKIN、その他大勢にチャンネル登録者数が追い抜かれてしまったけど、今見てもこの動画は楽しい。

牛乳パックで作る遊べるクリスマスツリー

cats

このクリスマスツリーは平面だけど、作りながら遊べるから子供におすすめだよ。シールを貼ったりはがしたりして繰り返し遊べるのはありがたい。

シールは自分好みのものでOK。ただし、クリスマスから外れたものを選んでしまうと季節感が全く感じられなくなるから要注意。

必要なものは綺麗に洗って乾かした牛乳パック1本と、好みのシール。この2つだけ。正確に言うとはさみや油性マジックも必要だけど、この2つがない家庭の方が珍しいわな。

牛乳パックをクリスマスツリーの形に切るくらいで難しい作業は全くない。これなら幼稚園くらいの子供でも1人で出来るレベルだね。

ワイルドなクリスマスツリー

cats

ちょっとワイルドなクリスマスツリー。

トイレットペーパーの芯が全部で4つ必要になるから日ごろからためておく必要があるね。牛乳パックと違って1日1つのトイレットペーパーを使い切るのは至難の業だし。一人暮らしとかならなおさらね。

紙をハサミで切っていく作業、切った紙をトイレットペーパーの芯にボンドで貼っていく作業。大きく分けてこの2つになるけど、細かい作業がないから子供でも簡単に作れると思うよ。

トイレットペーパーの芯に貼る紙の切り方なんて良い意味で乱雑だからね。不器用な俺でも楽勝だなって思った(笑)

最後に

これだけでも十分ボリュームがあったと思うけど、また気になったものがあったら随時追加していくね。あくまで気分で(笑)

クリスマスツリーはクリスマスの代名詞とも言える存在だから、一度くらい手作りしておいて損はないんじゃないかな?

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。