Windows10タスクバーの使い方とカスタマイズ/設定する方法の全て

Windows10でのタスクバーの使い方、カスタマイズ方法、各種設定方法をまとめたページ。タスクバーに新しい機能が出てきたら、随時更新していくつもり。

タスクバーはショートカットキーをフル活用する

慣れない内はマウス操作でも良いんだけど、作業を効率化していくためにショートカットキーはかかせない。タスクバーに関連するショートカットキーはあなたが思っているよりも沢山あるよ。

目的の場所までマウスを移動させなきゃいけないのと、ボタン1つで操作出来るのと、どっちが良いかは明白だよね。

SPONSORED LINK

タスクバーによく使うアプリをピン留めする方法

タスクバーによく使うアプリをピン留めさせておけば、これを開きたい!という時に一瞬で開くことが出来るよね。これを、わざわざフォルダーを開いてその中のファイルをダブルクリックして・・・とかやってたら日が暮れてしまう。

SPONSORED LINK

タスクバーにデスクトップの表示を追加する方法

デスクトップを表示させる方法は色々あるよね。代表的なのは『Windowsのロゴキー』+『D』のショートカットキーで表示させる方法かな?

ここでは、デスクトップの表示のショートカットを作成して、それをタスクバーに表示させる方法を詳しく紹介しているよ。

SPONSORED LINK

タスクバーを自動的に隠す方法

タスクバーを自動的に隠す設定にすると、画面下部にマウスカーソルを持っていかない限り、タスクバーが表示されることはない。デスクトップ画面はすっきりするけど、やっぱりタスクバーはあった方がいいな。と思った瞬間だった。

SPONSORED LINK

タスクバーにタッチキーボードボタンを表示する方法

タッチで文字入力をしたい!という人は必ずしておいて欲しい設定。タッチキーボードはマウスクリックでも文字入力することが出来るから緊急時にも役立つ。タッチ入力に興味がない人も覚えておいて損はないと思う。

SPONSORED LINK

タスクバーにタスクビューボタンを表示、非表示

仮想デスクトップを作ることが出来るタスクビューボタン。

タスクバーに最初から設置されており、使わない人にとっては邪魔なだけかもしれない。モニターが1つだけしかない!って人は仮想デスクトップは便利だと思うんだけど、それでも画像編集とか動画編集をしない人にとっては必要ないのかな。

SPONSORED LINK

タスクバーボタンのバッジを表示、非表示

アラーム&クロック、メールアプリ、Skypeなど、タスクバーのアイコンの右下に数値や小さいアイコンを表示してくれるのがバッジという機能。これがあれば大事な連絡もすぐに気付くことが出来るね。

デフォルトでは表示させる設定になっている。どうしても非表示にしたい人は設定を変更しておこう。

タスクバーにアクションセンターを表示、非表示

様々な通知をしてくれるだけでなく、通知の履歴も見ることが出来る。少し前に大事な通知があったはずなんだけど忘れてしまった。という時はアクションセンターのアイコンをクリックすればOK。

といった具合に、便利なアクションセンターだから非表示にする必要はないと思うんだけど、どうしてもアイコンを表示させたくない!という人は、以下の記事を参考にしてみてね。

タスクバーのシステムアイコンをオン、オフに切り替える

タスクバー右端にある通知領域の部分のアイコンを表示させたり、非表示にさせたりする方法を紹介しているよ。設定を変えれば日付と時刻を非表示にすることも出来るけど、PCで時間が確認できないとか怖すぎるよね。

タスクバーにツールバーを表示、非表示

タスクバーは通知領域の左隣にツールバーを表示させることが出来る。デスクトップ、アドレス、リンクなどのツールバーがあり、デスクトップを表示させれば、そこからコントロールパネルやPC(旧名マイコンピューター)を開くことも出来るよ。

結構便利な機能なんだけど、タスクバーのピン留め機能があれば、ツールバーはいらないんじゃないか?と思ってしまった。ピン留め機能がなかったら、多くの人に使われてた機能だったんだろうな。

タスクバーのボタンを結合しない、ラベルを表示させる方法

デフォルトでは結合してラベルを非表示にする設定になっている。

この状態だと、ピン留めしているアイコンをクリックして画面を開いてもラベル(ページのタイトル)が表示されない。ラベルを表示させたい!という人に向けて、以下の記事では結合しないでラベルを表示させる方法を紹介しているよ。

タスクバーにワークスペースのアイコンを表示、非表示

ワークスペースのアイコンは、デフォルトだとタスクバーに表示されていない。付箋、画面スケッチ、スケッチパッドのいずれかに興味がある人は、以下の記事を参考にしてワークスペースのアイコンを表示させてみよう。

タスクバーの通知領域に表示するアイコンを選択する方法

通知領域に表示するアイコンを選択する方法を紹介しているよ。

全部表示させるとさすがに窮屈だけど、5つくらいまでなら表示させても問題ないと思う。と言っても、通知領域に表示出来るアイコンって緊急を要するものじゃないから、正直全部非表示でも良いくらい。

複数ディスプレイ時のタスクバーの表示を変更する方法

ディスプレイを複数使っている人で、メインディスプレイ以外にタスクバーを表示させたくない!って人は、以下の記事を参考にして設定を変えてみてね。

タスクバーにピン留めしているアイコンのサイズを小さくする

タスクバーのアイコンのサイズはデフォルトだと小に設定されている。

あまり大きすぎるとピン留めできるアイコンの数が限られてくるから、敢えて俺はサイズを大きくしないんだけど、今のままだと小さすぎるから大きくしたい!という人は、以下の記事を参考にてアイコンのサイズを変えてみよう。

タスクバーの固定(ロック)をオン、オフにする方法

固定されているタスクバーのロックを解除する方法を紹介しているよ。固定を解除すると、ドラッグでタスクバーの領域を上に引き伸ばすことが出来る。個人的にあまり必要がないと思ってる機能ベスト3。

タスクバーの位置を上下左右に変更する方法

デフォルトではタスクバーの位置は画面下部に設定されているけど、実はこれを上下左右に変更することが出来る。全ての位置を利用してみた結果、やっぱり下が1番使いやすいなと思った訳だけど、模様替え気分で変えてみるのは良いかも。

コマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える

タスクバー左端にある、Windowsのアイコンの上で右クリックするとメニューが表示される。この中にあるコマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える方法を紹介しているよ。

コマンドプロンプトに出来てWindowsPowerShellに出来ないことはないけど、WindowsPowerShellに出来てコマンドプロンプトに出来ないことは沢山ある。つまり置き換えた方が良いということだね。

タスクバーにCortanaのアイコン、検索ボックスを表示、非表示

デフォルトでは、タスクバーにCortanaのアイコンが表示されていると思うんだけど、これを非表示にしたり、Cortanaの検索ボックスを表示させたりすることが出来るよ。

Cortanaは、一度使えば凄い便利な機能だと実感出来るはずなんだけど、先入観で邪魔な機能だとしか思ってない人も多いみたい。

タスクバーの背景を透明にする方法

タスクバーの背景を透明にしても何か使いやすくなる訳じゃないけど、見た目は少しかっこよくなる。タスクバーの色によっては透明にしてもあまり変わらなかったりする。透明にするならタスクバーの色は薄めにした方が良いと思う。

タスクバーの背景に色を付ける

タスクバーの色を変えると同時にスタートメニュー、アクションセンターの背景の色まで同じ色になるから要注意。個々に設定出来ればもっと楽しめる機能だったんだけど、アップデートで改良されないかな。

タスクバーでジャンプリストの最近開いた項目を非表示にする

タスクバーにピン留めしているアイコンをクリックすると、そのアプリやフォルダーの開いた履歴が表示されるよね。自分1人のPCだったら良いんだけど、誰かと共有しているPCだと見られてまずいものもあったりすると思う。

そんな隠し事の多いあなたに向けて、タスクバーの履歴(ジャンプリスト)を非表示にする方法を紹介しているよ。ただし、一度非表示にすると、非表示にした項目を元に戻すことが出来ないから注意してね。