Windows10スタート画面/タスクバーでジャンプリストの最近開いた項目を非表示にする

スタート画面やタスクバーにピン留めしているアプリを右クリックすると、最近開いたページが一覧で表示される。ちなみにこの項目の正式名称はジャンプリストという。

ブラウザによくある履歴と同じだね。以前開いたページにまたアクセスしたいな。と思った時はとても便利なんだけど、誰かに自分の見たページを覗かれる心配があるため、こんな機能いらないよ!って感じている人も多いよね。

そこで、今回はスタート画面とタスクバーのジャンプリストに表示されている、最近開いた項目を非表示にする方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

ジャンプリストについて

改めてジャンプリストについて画像を使って紹介しておくね。例えば上の画像のように、タスクバーにあるGoogleChromeのアイコンを右クリックすると、よくアクセスするページがズラッと一覧で表示される。

便利と言えば便利なんだけど、よくアクセスするページならお気に入りに登録した方が管理しやすいし、俺自身ジャンプリストは一度も使ったことがない。それくらいあってもなくても良い機能だと思ってる。

というか、大人な意味で怪しいサイトを見ててその履歴を大事な異性に見られたとしたら・・・と考えると体が震えてくるよね・・・。

スタート画面のジャンプリストはこんな感じ。タスクバーのジャンプリストと何ら変わりないよね。

スタート画面、タスクバーのジャンプリストに
最近開いた項目を非表示にする方法

まずは、デスクトップ画面左に下にある『Windowsのアイコン』をクリックして、スタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『スタート』を選択して『スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する』をオンからオフに切り替えよう。

すると、タスクバーと・・・

スタート画面のジャンプリストに表示されていた、最近開いた項目(よくアクセスするページ)の項目が全て非表示になるよ。これで怪しいサイトを見ても心配はいらないね(笑)

ちなみに『スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する』をオフに切り替えた後に、オンに切り替えても非表示になった項目は復活しないから注意してね。

最後に

自分以外PCを絶対触ることはない。というのなら、今回の設定は触る必要ないんだけど、家族や知人とPCを共有しているなら、問答無用でジャンプリストの最近開いた項目は非表示に設定しておいた方が良いと思う。

この設定をしておくだけで、波乱を生む原因を1つ潰すことが出来るからね・・・。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。