Windows10でのLINEの使い方と設定方法

LINEはiPhoneなどのスマートフォンからアプリをインストールしてアカウント作成しないと利用することが出来ない(正確には電話番号登録)けど、アカウントを持っていればPCでも利用することが出来るよ。

でもどうやって使ったら良いのか、どこからインストールしたら良いのか分からない!という人もいると思う。そこで今回は、Windows10のPCを使っている人に向けて、LINEの使い方をどこよりも詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

LINEがインストールされているか確認

LINEがWindows10にインストールされていない!と勘違いしている場合もあるから、以下の方法でLINEがインストールされているか、改めて確認しておこう。

タスクバーに設置されている『Cortanaのアイコン(円形のアイコン)』をクリックする。

Cortanaの画面を開いたら、検索ボックスに『line』と入力しよう。これで検索結果にLINEが出てくれば既にインストールされていることになるから、ここから先は読む必要ないからね。(検索候補ではない。)

LINEのダウンロードとインストール方法

まずは『こちら』からLINEの公式サイトにアクセスしよう。

LINEの公式サイトにアクセスしたら、LINEのロゴの右隣にある『ダウンロード』をクリックしよう。

ダウンロードページを開いたら、PC/MACの項目にある『Windows版をダウンロード』のボタンをクリックしよう。

ダウンロードが終わったら『Linelnst.exe』のファイルをダブルクリックして実行させよう。

セキュリティの警告画面が表示されたら『実行』をクリックして欲しい。

Installer Languageの画面が表示されたら『日本語』を選択してから『OK』をクリックしよう。

LINE(ライン)のインストールを開始します。の画面に進んだら『次へ』をクリックしよう。

LINE規約をしっかり読んでから『同意する』をクリックしてね。珍しく同意するを選択する作業はないみたいだね。これは規約を読まない人が続出するだろうな。

同意するをクリックすると、LINEのインストールが始まるよ。

15秒くらい待機しているとインストールが終わり、ユーザーアカウント制御の画面が表示されるから『はい』を選択しよう。(ユーザーアカウント制御の画面は設定によって表示されないこともある。)

インストールの完了。『閉じる』をクリックしよう。閉じるをクリックすると、LINEが自動的に起動するからね。

もし、自動で起動しない場合は、LINEのアイコンをダブルクリックして手動で起動させてみよう。

インストール後の設定

LINEのインストールが終わり、閉じるのボタンをクリックするとLINEが自動的に起動して上の画面が表示されるよね。

自動ログイン、Windows起動時に自動実行のいずれかにチェックマークを入れておくと、次回からパスワードやメールアドレスの入力を省略することが出来るよ。

個人的には『Windows起動時に自動実行』がおススメなんだけど、家族や知り合いと共有しているPCであれば、ここのチェックマークは2つとも外しておいた方が良いね。

新規登録ボタンをクリックすると、PCからでもアカウントを作ることは出来るんだけど、LINEを利用するには電話番号登録が必須になっているから、携帯電話やスマートフォンを持っていない人はLINEを利用することが出来ないね。

自宅の電話番号を入れたところで、SMS認証番号を受け取ることが出来ないし。

前置きはこのくらいにしてLINEにログインしていくね。

ログインはメールログイン、QRコードログイン、電話番号ログインの3種類があるんだけど、メールログインはメールアドレスとパスワードのどちらかを忘れてしまった場合、パスワード再設定など面倒な作業が必要になるから、ここでは1番手軽にログイン出来るQRコードログインを使っていくよ。

QRコードログインをクリックすると、QRコードが表示される。これをスマートフォンからスキャンしていこう。スキャンする方法は以下の通り。

まずは、LINEのアイコンをタップしてLINEを起動させよう。

LINEを起動させたら『その他』をタップして欲しい。

その他の画面を開いたら『友だち追加』→『QRコード』とタップしよう。

QRコードリーダーを起動させたら、先ほどWindows10のPCで表示させたQRコードをスキャンして欲しい。

上手くQRコードが読み取られると、ログインしますか?という画面が表示される。ここは素直に『ログイン』をタップして欲しい。

ログインしました、というメッセー画面が表示されるから『確認』をタップしよう。これでWindows10側のLINEをログイン状態にすることが出来たね。

ログインが完了すると、LINEから『PCでLINEにログインしました』という通知が届く。ログイン中の端末が自分のPC名だということを確認しておこう。

過去のメッセージを読むには本人確認が必要

ログインが完了するとすぐにLINEは利用出来るようになるけど、過去のメッセージが閲覧出来ない場合がある。

上の画像のように『Letter Sealing このメッセージは暗号化されています。メッセージを読むには本人確認する必要があります。』と全てのメッセージに表示されいる。このメッセージが表示されている場合は、チャット画面にある『本人確認』をタップしよう。

すると、本人確認の画面が表示されるから、PCのLINEに表示される6桁の暗証番号を入力してから『OK』をタップしよう。

暗証番号の入力が終わると、メッセージが閲覧出来るようになるよ。過去の履歴が見れないと誰でも困るだろうから、ログインが終わったらこの作業も一緒にやっておこう。

最後に

Windows10でLINEを導入する方法はとても簡単。LINEの公式サイトからLINEをダウンロードして、ダウンロードが終わったらインストールしてログインをするだけ。PC初心者の人でも5~10分くらいで出来ると思う。

自宅にいる時はPC。外にいる時はスマートフォン。と使い分けて使っていくとより便利さを感じられるんじゃないかな。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。