Windows10でスタートメニューのアクセントカラーを変更する方法

カスタマイズが大好きな人は、Windows10をインストールした早々色々な部分を自分好みに変えていきたい。と思っているよね?

俺も昔はカスタマイズをしまくって、スタートボタンのアイコンから、ゴミ箱のアイコン、本当に色々な部分を変えていたよ。昔はこだわりが強かったんだろうけど。

今回紹介するのはスタートメニューのアクセントカラーを変更する方法だね。

スタートメニューは黒ともう1つの色(例えば青色とか)で形成されている。これが自分に合わない色だと眺めているだけでもキツイんだけど、自分好みの色に変更出来るから安心して欲しい。


SPONSORED LINK

スタートメニューのアクセントカラーについて

まずは上の画像を見て欲しい。スタートメニューは黒(背景の色)ともう1つの色で形成されている。(アイコンの枠、Windowsのスタートボタン、設定画面のアイコンなどに使われている色。)上の画像だと黒と青色だね。これの青色の方がアクセントカラーという。

わざわざ色を変更しなくても十分カッコいいだけど、これを自分の好きな色に変更したい。って人もいるよね。

スタートメニューのアクセントカラーを変更する方法

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『色』を選択して『アクセントカラー』の中から、あなたの好きな色を選択しよう。

今回は紫っぽい色を選択してみたけど、背景の色と全然合わないね・・・(笑)

また『背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ』をクリックしてチェックマークを入れると・・・

自動的にアクセントカラーが設定される。背景というのはデスクトップの壁紙のことね。どうやら壁紙の中で1番メインに使われている色が基準になるみたい。俺は、水色の髪の毛をした女性を壁紙をしていたんだけど、上の画像のように水色に設定されたからね。

個人的には自動で色を任せるのではなく、背景の黒に合った色を選んだ方が良いと思う。

グレー、ネイビー、ゴールド、とか渋めの色の方が見栄えが良いと思うな。

最後に

色を変えるだけで、PCが使いやすくなる訳じゃないけど、自分好みの色に変えることによって、何らかのモチベーションが上がるかもしれない。物理的に何かが使いやすくなる訳じゃないから、その辺は期待しないでね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。