Windows10のタスクバーにアクションセンターを表示/非表示

タスクバーの右端に表示されている吹き出しのアイコン。これがアクションセンターのアイコンだね。アクションセンターは、設定の画面を開いたり、デスクトップモードからタブレットモードの切り替え、機内モードのオン、オフなどの設定が手軽に出来る画面。

あった方が便利だから通常は表示させておいた方が良いんだけど、アクションセンターとか今まで一度も使ったことがないから、非表示にしたい!という人もいると思う。

そこで、今回はタスクバーにあるアクションセンターのアイコンを表示、非表示にする方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

アクションセンターのアイコンを表示、非表示にする方法

まずはアクションセンターのアイコンがどれなのか把握しておこう。どのアイコンか分からないと非表示にしたところで変化に気付くことが出来ないからね。

タスクバー右端に表示されている吹き出しのアイコン。これがアクションセンターのアイコン。メッセージの通知という意味でこのアイコンが使われているんだと思う。

どのアイコンか把握したところで、実際にこのアイコンを非表示にする方法を解説していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしよう。

Windowsのアイコンをクリックしてスタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『タスクバー』を選択して『通知領域』の項目にある『システムアイコンのオン/オフの切り替え』をクリックしよう。

その他の方法でタスクバーの設定画面を開く

コントロールパネルから『ナビゲーションとタスクバー』を選択するか、タスクバーの何もない場所で右クリックして『設定』をクリックする。

システムアイコンのオフ/オンの切り替えの画面を表示させたら『アクションセンター』をオンからオフに切り替えよう。

これでアクションセンターのアイコンを非表示にすることが出来たね。アクションセンターのアイコンが消えて、日付と時刻のアイコンが右端に表示されるようになった。

非表示にしたアクションセンターのアイコンを復活させたい場合は、逆にシステムアイコンのオン/オフの切り替えでアクションセンターの項目をオンにすれば良いよ。

最後に

アクションセンターは、PCが苦手な人であればあるほどお世話になる画面。Windows10にアップデートして最初は通知音がウザイなーと思ってたんだけど、非通知モードにすれば邪魔に感じることもないんじゃないかな。

アイコンを非表示にしすぎてよく使うものまで消してしまったら、使いやすくするためにした設定だったのに、本末転倒だよね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。