Windows10でコマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える

Windows10で、右クリックか『Windowsのロゴキー』+『X』を押した時に開くメニューに表示されるコマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える方法を詳しく紹介していくよ。

コマンドプロンプトではなく、WindowsPowerShellをメインに使っている人はこの設定は絶対にしておこう。


SPONSORED LINK

コマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える

上の画像を見て欲しい。

タスクバーの左端にある『Windowsのアイコン』を右クリックしてメニューを表示させると、コマンドプロンプトとコマンドプロンプト(管理者)という項目がある。

今回は、これをWindowsPowerShellに置き換える方法を紹介していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『タスクバー』を選択して、[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー+Xキーを押した時に表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換えるの項目をオフからオンに切り替えよう。

これでWindowsのアイコンを右クリックするか『Windowsのロゴキー』+『X』を押した時に、コマンドプロンプトの代わりにWindowsPowerShellが表示されるようになるよ。

Windows10では、WindowsPowerShellが標準装備されているから、インストール作業など必要なくクリックするだけで開くことが出来るよ。

最後に

WindowsPowerShellは、コマンドプロンプトでは出来ない数多くのことが実行できるようになった。

1000以上のコマンド、関数の実行。ユーザー定義関数の作成、実行。PowerShellスクリプトの実行。これに加えて、コマンドプロンプトで出来ることは全て実行することが出来るんだから素晴らしいよね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。