Windows10でデスクトップアイコンを表示/非表示にする方法

Windows10をインストールすると、デスクトップに配置されているアイコンはゴミ箱くらいだと思う。NECとか富士通とかメーカーのPCを使っていれば、初めから配置されているアイコンは他にもあると思うけど、それは除いてね。

ゴミ箱がデスクトップにあると、ドラッグ&ドロップでいらないファイルをすぐに削除出来るから便利。なんだけど、PCとかネットワークのアイコンも出来れば表示させたいよね?

そこで、今回はデスクトップにアイコンを表示させる方法、既に表示させているアイコンを非表示にする方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

デスクトップにアイコンを表示させる方法

まず、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『テーマ』を選択して、関連設定の項目から『デスクトップアイコンの設定』をクリックしよう。

その他の方法でデスクトップアイコンの設定画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』→『デスクトップアイコンの変更』、表示方法方法をカテゴリにしている場合は『デスクトップのカスタマイズ』→『個人用設定』→『デスクトップアイコンの変更』

または、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』→『テーマ』→『デスクトップアイコンの設定』とクリックしていく。

デスクトップアイコンの設定画面を開いたら、表示したいアイコンをクリックしてチェックマークを入れてから『OK』をクリックしよう。ちなみに、最初はゴミ箱のアイコンだけ表示させるようになっていると思う。

補足

この画面を使ってデスクトップに表示できるアイコンは、PC、ユーザーフォルダー、ネットワーク、ゴミ箱(いっぱい)、ゴミ箱(空)の5つだけ。自分で好きなアイコンを追加することは出来ない。

OKをクリックすると、選択したアイコンがデスクトップに表示されるようになる。

表示させたアイコンは、右クリックから『削除』で簡単に消すことが出来るよ。

デスクトップのアイコンを非表示にする方法

削除するには右クリックから削除を選べば良いと言ったけど、他にもアイコンを非表示にする方法があるから紹介しておくね。

まず、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリック。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択する。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『テーマ』を選択して関連設定の項目から『デスクトップアイコンの設定』をクリックしよう。ここまでは、デスクトップアイコンを表示させた時と全く同じ。

問題はここから。

アイコンを表示させるときは、クリックしてチェックマークを入れて。と言ったけど、非表示にしたい場合は、クリックしてチェックマークを外す。つまり、チェックマークが付いているものは、既にデスクトップにアイコンが表示されていることになるね。

チェックマークを外したら『OK』をクリックしよう。これで選択したアイコンだけが非表示になる。

最後に

全部非表示にしても良いんだけど、ゴミ箱、PC、コントロールパネルはよく使うから、デスクトップにアイコンを表示させないのであれば、タスクバーかスタートメニューにピン留めしておこう。

ネットワークはともかくとして、ユーザーフォルダーは頻繁に使うことはないだろうから、非表示のままで良いと思う。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。