Windows10でログインパスワードを忘れた時のためにパスワードリセットディスクを作成

Windows10ではパスワードを忘れてしまってもいくつか救済処置があるけど、厄介なことになる前に、パスワードリセットディスクは確実に作成しておこう。

パスワードなんて絶対忘れないから!という人も明日は我が身。もしもの時のために備えておこう。


SPONSORED LINK

パスワードリセットディスクの作成方法

パスワードリセットディスクは『コントロールパネル』から開いていくよ。と言っても、コントロールパネルの開き方が分からない!って人もいるだろうから、以下の記事を参考にして欲しい。

2017-02-02_15h00_56

コントロールパネルを開いたら『ユーザーアカウント』を選択しよう。表示方法をカテゴリにしている場合も同じく『カテゴリ』でOKだよ。

補足

Cortanaから『パスワードリセットディスク』と入力すると、目的の場所までワンクリックで移動することが出来る。PC初心者の人におススメの方法だね。

2017-02-02_15h04_15

ユーザーアカウントの画面を表示させたら、左のメニューにある『パスワードリセットディスクの作成』をクリックしよう。

2017-02-06_03h16_16

パスワードディスクの作成ウィザードの開始画面を表示させあら『次へ』をクリックしよう。

補足

この時にUSBフラッシュドライブを挿入している必要がある。USBメモリだけでなく、外付けハードディスクとかもでOKだね。

2017-02-06_03h19_27

続いて、パスワードキーディスクを作成するドライブを選択し『次へ』をクリックしよう。

2017-02-06_03h22_47

次に、現在のユーザーアカウントパスワードの欄に、今現在設定しているパスワードを入力しよう。アカウントのパスワードがなければ空欄のままでOK。『次へ』をクリックしよう。

補足

PINを設定している場合でも入力するのは、PINではなくパスワード。間違えないように注意してね。

2017-02-06_03h26_13

パスワードリセットディスクが作成される。進行状況が100%になったら『次へ』をクリックしよう。(パスワードリセットディスクの作成は、大体2~3秒で終わるはず。)

2017-02-06_03h28_20

最後に『完了』をクリックして終わり。

2017-02-06_13h42_41

正常に完了していれば、上の画像のように『userkey.psw』というファイルが作成されるよ。

補足

以前にパスワードリセットディスクを作成していて、今回新しく作成した場合は、以前に作成したディスクは無効になる。邪魔になるだけだから破棄しておこう。

SPONSORED LINK

最後に

パスワードディスクの作成は、パスワードを変更する度に作り直す必要はなく、最初に一度だけ作成すればOKだよ。

そして、冒頭でも言ったけど、自分のパスワードは絶対忘れない!と慢心せず、パスワードリセットディスクを作成してリスクを最小限に減らす努力をしておこう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。