【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

Windows7までは、スタート画面から簡単にコントロールパネルを開くことが出来たけど、Windows10になって、同じようなやり方ではコントロールパネルが開けなくなってしまったよね。

最初は俺もどうやって開けばよいのか迷っていたけど、慣れれば簡単だし、次回から簡単に開けるように、タスクバーやスタート画面に追加することも出来るんだよ。

今回はその方法を詳しく解説していくね。


SPONSORED LINK

ショートカットキーを使って開く

IMG_1160000

キーボードにある『Wndowsのアイコン』+『X』を押してから『P』を押すと、コントロールパネルを開くことが出来る。

2017-01-27_13h15_31

ここで気を付けて欲しいのは『P』を押すときには、必ず『Windowsのアイコン』から手を放していること。『P』『Windowsのアイコン』を同時に押してしまうと、上の画像のようにPCの拡張、複製などの切り替えウィンドウが表示されてしまうよ。

2017-01-27_13h19_03

ショートカットキーが使えない場合は『Windoowsのアイコン』+『X』を押した後は手動で『コントロールパネル』を選択しよう。

これでコントロールパネルを開くことが出来るよ。

スタートボタンの上で右クリック

ショートカットキーとかキーボードの扱いになれていない俺には難しすぎてとてもじゃないけど、時間がかかるよ!もっと簡単な方法はないの?って人は、ショートカットキーを使わずに、マウスを使ってコントロールパネルを開いてみよう。

2017-01-27_13h22_22

上の画像を参考にして、デスクトップ右下にある『Windowsのアイコン』の上で『右クリック』して欲しい。

2017-01-27_13h19_03

すると『Windowsのアイコン』+『X』を押した時と同じように、縦長のメニューを開くことが出来る。ここから『コントロールパネル』を選択すれば、コントロールパネルの画面を開くことが出来るからね。

デスクトップ画面にコントロールパネルを表示させる

少し面倒だけど、これから解説するやり方を実践すれば、デスクトップ画面にコントロールパネルのアイコンを常時表示させておくことが出来るよ。

IMG_11602

まずは、キーボードにある『Windowsのアイコン』+『R』を押して欲しい。

2017-01-27_13h30_04

すると『ファイル名を指定して実行』という小さいウィンドウがデスクトップ左下に表示されるよね。そしたら、名前の欄に『control desktop』と入力してから『OK』をクリックしょう。

2017-01-27_13h33_34

OKをクリックすると『個人用設定』の画面が表示される。この中から左上にある『デスクトップアイコンの変更』をクリックして欲しい。

補足

個人用設定の画面は、デスクトップ画面で『右クリック』→『個人用設定』からも呼び出すことが出来る。もう1つ、スタート画面を表示させて『設定のアイコン』→『個人用設定』からでも開けるけど、このやり方はちょっと面倒だと思う。

2017-01-27_13h38_46

デスクトップアイコンの設定画面に進んだら、デスクトップアイコンの中にある『ごみ箱』をクリックしてチェックマークを入れよう。これが終わったら『適用』→『OK』とクリックしていく。

2017-01-27_13h42_12

OKをクリックすると、デスクトップ画面にコントロールパネルのアイコンが表示される。

次回からは、このアイコンをダブルクリックするか、右クリックから『開く』を選択すると、コントロールパネルを開くことが出来るからね。

Cortanaを使って開く

Windows10が標準装備された『Cortana』を使って開くことも出来る。PC初心者の人にはこれが一番簡単な方法かも。

2017-01-27_13h45_21

デスクトップ右下にある『Windowsのアイコン』の右横に『Cortana』のアイコンがあるからこれをクリックしよう。円形のアイコンね。

2017-01-27_13h51_31

クリックすると、Cornataが表示されるから『何でも聞いてください』の欄に『こ』『kon』『こんと』『コントロールパネル』のいずれかを入力しよう。

かなり適当に入力しても、検索したいことを正確に判別してくれるから、バカ正直『コントロールパネル』と入力する必要はないけど。

2017-01-27_13h56_00

すると、最も一致する検索結果の部分に『コントロールパネル』が出てくると思うから、これをクリックして欲しい。これでコントロールパネルが開けたね。

すべてのアプリから開く方法

あまりおススメ出来ない方法だけど『すべてのアプリ』の中から開くことも出来るよ。

2017-01-27_14h01_32

すべてのアプリは、スタート画面を開くと出てくる項目だね。

コントロールパネルを頻繁に使っていると、上の画像のように『よく使うアプリ』に表示されるようになり、そこから開けばそれほど手間もかからなくなる。

ただ、他のアプリの使用頻度が高くなった場合に、この項目から消えてしまう可能性があるから、この方法はおススメ出来ないね。使うとしたら、何かの作業する時にスタート画面を開いたついでくらいじゃないかな。

ツールバーを表示させて開く方法

最後にツールバーを表示させて開く方法を紹介しておくね。

タスクバーの何もない場所で右クリックしてメニューを表示させたら『ツールバー』→『デスクトップ』とクリックしていこう。これでデスクトップのツールバーを表示させることが出来たね。

続いて、タスクバーに表示させたデスクトップのツールバーの右横にある『>>』をクリックしよう。

クリックしてメニューを展開させたら『コントロールパネル』をクリックしよう。

すぐに開ける状態にしておこう

コントロールパネルは、よほどPCに疎くない限り絶対に使うことになる機能なんだよね。

いらなくなったプログラムをアンインストールしたり、サウンドを切り替えたり、フォントの設定をしたり、拡張子を表示させたり、マウスの設定を変更したり、PCに関するほとんどの設定は、コントロールパネルで行うことになるからね。

これはWindowsXPや7も例外ではない。ということで、いつでもすぐに開けるように、スタート画面とタスクバーにアイコンを追加する方法を解説していくね。

アイコンをタスクバーに追加する方法

まずはこれまでに紹介した方法で、コントロールパネルを開こう。

2017-01-27_14h11_06

コントロールパネルの画面を開いたら、タスクバー(デスクトップ下部に表示されている黒い帯)にある、コントロールパネルのアイコンを『右クリック』『タスクバーにピン留めする』を選択しよう。

これをしておけば、コントロールパネルの画面を閉じたとしても、タスクバーにコントロールパネルのアイコンが残り続けるよ。つまり、次回からこのアイコンをクリックするだけで、コントロールパネルが開けるってことだね。

アイコンをスタート画面に追加する方法

次に、スタート画面にコントロールパネルのアイコンを追加する方法を解説していく。

無題

まずは、デスクトップ右下にある『Windowsのアイコン』をクリックしよう。

次に『すべてのアプリ』の中からコントロールパネルを探し出し、右クリックから『スタート画面にピン留めする』を選択しよう。

無題1

スタート画面にピン留めしたコントロールパネルは、ライブタイルのコントロールパネルを右クリックから『スタート画面からピン留めを外す』を選択することで、いつでも削除することが出来るよ。

また、マウスのドラッグ&ドロップを使って場所を自由に移動させたり、サイズの変更も可能。サイズの変更は、スタート画面からピン留めを外すの1つ下から出来るよ。

コントロールパネルの表示方法を変える

コントロールパネルの画面にある表示方法についてお話ししておくね。

2017-01-27_14h31_05

まずは好きな方法でコントロールパネルの画面を開いて欲しい。開くと、右上に『表示方法』という項目があるよね?

表示方法の部分ではなく『小さいアイコン(なければ大きいアイコンorカテゴリ)』の部分をクリックしてみよう。

2017-01-27_14h50_36

★小さいアイコン表示

 

2017-01-27_14h51_00

★大きいアイコン表示

 

2017-01-27_14h51_16

★カテゴリ表示

カテゴリ一覧

システムとセキュリティ、ネットワークとインターネット、ハードウェアとサウンド、プログラム、ユーザーアカウント、デスクトップのカスタマイズ、時計、言語、および地域、コンピューターの簡単操作。

すると『小さいアイコン』『大きいアイコン』『カテゴリ』の中から表示方法を変えることが出来る。

これは完全に好みの問題だから、使いやすいものを選べば良いと思う。俺は一度に沢山表示されるのが好きだから『小さいアイコン』を選んでいる。

ちなみに、PCのことで分からないことがあった際に、カスタマーサポートセンターなどでやり方を教えてもらう時は、表示方法が『カテゴリ』になっていることが前提で説明されることが多い。

カスタマーサポートセンターに限らず、表示方法は人によって異なるから、表示方法の変え方を覚えておいて、すぐに変えられる状態にしておいた方が良いね。

最後に

コントロールパネルは、PCを多少なりとも触っている人なら絶対に必要な機能だよ。俺自身1日1回はこの画面は開くから、いつでもすぐに開けるように、タスクバーとスタート画面にアイコンを追加しているからね。

今回紹介したことは、初歩的なことだから必ず覚えておいて欲しい。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。