Windows10でファイル(フォルダー)共有をする方法

Windowsには、Windows10以前から自分のPCに保存されているファイルやフォルダーを、同じネットワーク上のPCと共有して利用する機能が備わっている。

この機能を使えば、同じ家に住んでいる家族や友人と簡単いファイルを共有出来るようになるだけでなく、同じファイルを複数人で参照したり編集したり出来るから、会社を持っている人にとってかなり重宝する機能だと思う。

今回は、Windows10でファイルを共有する方法を画像付きで詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

ファイル共有を利用する方法

Windowsではドライブを丸ごと共有する方法は推奨されていない。ドライブごと共有することも可能だけど、セキュリティ面を考えるとフォルダーの共有までに留めておいた方が良いだろうね。

もちろん本当に信頼している家族間とかだったら良いと思うけど。ということで、まずは共有したいフォルダーを作成していこう。

フォルダーの作成は、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックから『新規作成』→『フォルダー』とクリックすると作成することが出来るよ。

今回は、分かりやすく共有フォルダーという名前のフォルダーを作成してみたよ。次に共有したいフォルダーを選択して、右クリックから『プロパティ』を選択しよう。(『Alt』+『Enterキー』を押してプロパティを開くことも出来る。)

プロパティを開いたら『共有タブ』を選択してから、ネットワークのファイルとフォルダーの共有の項目にある『共有』をクリックしよう。

ファイルの共有画面を開いたら『下矢印』をクリックして共有したい相手を選択しよう。今回は『Everyone』を選択してみたよ。Everyoneは同じネットワーク上に存在するPC全てのことを言う。

共有したい相手を選択したら『追加』をクリックしてね。

次に追加した共有相手の『読み取り▼』の部分をクリックすると、デフォルトでは読み取りになっているけど、読み取りと書き込みに変更することも出来る。読み込みはファイルを開いたりすること。書き込みは編集だね。

書き込みの権限を与えたくない場合は、そのままにしておいてね。追加した共有相手の削除もここから行うことが出来るから、絶対に忘れないでね。

ここまで終わったら『共有』をクリックしよう。

ネットワークの探索とファイル共有の画面が表示されたら、接続しているネットワークをプライベートネットワークをするか、パブリックネットワークにネットワークの探索とファイル共有を有効するかを選択しよう。

今回は、プライベートネットワークを選択する。

共有が完了すると、共有したフォルダーが表示されるから間違いがないか確認しよう。問題なければ『終了』をクリックしてね。

SPONSORED LINK

ファイル、フォルダーを共有したら・・・

ファイルやフォルダーを共有したら、他のPCから共有を設定したPCのフォルダーにアクセスしてみよう。

アクセスするには、まずファイルの共有を無効から有効に切り替える必要があるから『エクスプローラー』ネットワーク』を選択して『ネットワーク接続とファイル共有の有効化』をクリックしよう。

するとファイルの共有設定をした時と同じく、ネットワークの探索とファイル共有の画面が表示されるから『いいえ、接続しているネットワークをプライベートネットワークにします』をクリックしよう。

ここまで完了すれば、エクスプローラーのネットワークの画面に同じネットワーク上のPCが表示されるようになり、共有を設定したファイルやフォルダーにアクセス出来るようになるよ。

読み取りに設定している場合は、ファイルやフォルダーを開いて閲覧することができ、読み込み/書き込みに設定した場合は、ファイルの内容を書き換えることも出来る。

SPONSORED LINK

最後に

共有機能はとても便利だけど、安易に他のPCに権限を与えると勝手にファイルの内容を書き換えられたリ、ファイル自体を壊されることもあるから、事前に共有するファイルをバックアップしておくか、書き込みの権限を与える人は自分が信用している人にしておこう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。