Windows10 Creators UpdateでWindows Defenderを有効/無効にする方法

Windows10 Creators Updateでは、Windows Defenderを有効、無効にする手順が以前のバージョンと違うものになった。以前のやり方を知っている人なら何なく設定出来ると思うけど、PC初心者の方に向けてやり方をシェアしておくね。

Windows10 Creators Update以前のバージョンを使っている人は、以下の記事を参考にしてね。

Windows10でWindows Defenderを有効/無効(オン/オフ)に設定する方法


SPONSORED LINK

Windows10 Creators Updateで
Windows Defenderを有効、無効にする方法

まずは、タスクバー左端にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを展開させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『更新とセキュリティ』を選択しよう。

更新とセキュリティの画面を開いたら、左のメニューから『Windows Defender』を選択して欲しい。

Windows Defenderの画面を開いたら『Windows Defender セキュリティセンターを開きます』をクリックしよう。

セキュリティセンターの画面に移動したら『ウイルスと脅威の防止』をクリックしよう。1番左のメニューだね。

ウイルスと脅威の防止の画面を開いたら『ウイルスと脅威の防止の設定』をクリックして欲しい。

後は『リアルタイム保護』を弄るだけだね。オンからオフに切り替えるとWindows Defenderが無効になり、逆にオフからオンに切り替えると有効になるよ。

Windows Defenderを無効にすると、リアルタイム保護がオフになっており、お使いのデバイスは脆弱な状態です。というメッセージが表示される。

既にWindows Defenderを無効にしていて有効に戻したい場合は、セキュリティセンターのホーム画面から『有効にする』をクリックすることで簡単に切り替えることが出来るよ。

ちなみに、以前のバージョンではコントロールパネルからWindows Defenderの有効、無効の切り替えが出来たんだけど、Windows10 Creators Updateでは、コントロールパネルからWindows Defenderの項目が抹消されてるね。

コントロールパネルを使わないで設定画面を使って欲しいのが凄く伝わってくる。

SPONSORED LINK

最後に

Windows Defenderだけを見るなら、以前より使いづらくなったと思う。前の方がもっと簡単にリアルタイム保護の切り替えが出来たからね。

Windows Defenderの赤と緑のカラフルな画面も結構見やすかったんだけどな。シンプルさが追及されすぎてこれ以上見づらくならないことを祈るよ。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。