Windows10でライブラリを表示する方法

Windows7で登場した機能であるライブラリ。

Windows10になってからは使わなくなっちゃったんだけど、Windows7の時はかなり愛用していた機能だった。Windows10ではデフォルトでライブラリが非表示になっているから必然的に使わなくなってちゃう人が多いと思う。

そんな中でも、やっぱりWindows10でもライブラリを使いたい!という人がいるんじゃないかな。そこで、今回はライブラリを表示する方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

ライブラリを表示する方法

まずは、タスクバーに表示されている『エクスプローラーのアイコン』をクリックしよう。

エクスプローラーの画面を開いたら、上部にある『表示のタブ』をクリックしよう。

表示のタブを開いたら、左上にある『ナビゲーションウィンドウ』をクリックして欲しい。

するとメニューが展開されるから、1番下にある『ライブラリの表示』をクリックしよう。

これで、左のメニューにライブラリの項目が表示されるようになるよ。

ライブラリをクリックするとこんな感じ。Windows7の時と変わらずだね。

ライブラリを表示させると、好きな場所を右クリックから『ライブラリに追加』でライブラリへ追加することが出来るよ。これはライブラリを表示させないと使えない機能だからね。

コントロールパネルからライブラリを表示する方法

続いて、コントロールパネルからライブラリを表示する方法を紹介していくよ。

まずはコントロールパネルを開こう。

コントロールパネルの開き方が分からない!って人は以下の記事を参考にして欲しい。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

コントロールパネルを開いたら『エクスプローラーのオプション』を選択しよう。

補足

表示方法をカテゴリにしている場合は『デスクトップのカスタマイズ』→『エクスプローラーのオプション』とクリックしていこう。

エクスローラーのオプション画面を開いたら『表示のタブ』をクリックしてから『詳細設定』の中にある『ライブラリの表示』にチェックマークを入れよう。最後に『OK』をクリックすればライブラリが表示されるようになるよ。

その他の方法でエクスプローラーのオプションを開く

エクスプローラーの画面を開き『表示のタブ』→『オプション』とクリックしていこう。

最後に

ライブラリを使いこなすとWindows10が今よりずっと使いやすくなるよ。

よく使う場所はライブラリに追加してすぐにその画面が開ける状態にしておこう。ちなみに今回の設定をしておかないと、ライブラリを追加することも出来ないから注意してね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。