Windows10でアクションセンターのクイックアクションを追加/削除する方法

タスクバーの右端のアイコンをクリックするか、Windowsのロゴキー+Aを押すと表示されるアクションセンター。アクションセンターの画面下部にはクイックアクションが表示されている。(機内モード、位置情報、ネットワークなど)

今回は、クイックアクションのアイコンを追加、削除する方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

クイックアクションを追加、削除する方法

冒頭でもお話したけど、アクションセンターの画面を表示させて下部に表示される項目のことをクイックアクションと言うよ。これから、クイックアクションという単語を何回も使っていくから必ず覚えておいてね。

アクションセンターを開く方法については以下の記事を参考にして欲しい。

Windows10でアクションセンターを開く方法

以下、クイックアクションを追加、削除する方法を紹介していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

設定画面を開く方法について以下の記事を参考にして欲しい。

Windows10で設定画面を開く方法

Windowsの設定画面を開いたら『システム』を選択しよう。

システムの画面を開いたら、左のメニューから『通知とアクション』を選択してから『クイックアクションの追加または削除』をクリックしよう。

クイックアクションの追加または削除の画面を表示させたら、追加したいクイックアクションはオフからオンに切り替えて、削除したいアイコンはオンからオフに切り替えよう。

クイックアクション一覧

すべての設定、ネットワーク、接続、表示、VPN、Bluetooth、ノート、Wi-Fi、非通知モード、位置情報、機内モード、タブレットモード

試しに全部オフにしてクイックアクションを非表示にしてみた。

この状態でアクションセンターを開くとクイックアクションが1つも表示されなくなり、アクションセンターの存在意義が全くないように感じるね・・・。

クイックアクションを全て表示させるとこんな感じ。俺の環境では、Wi-Fi以外のクイックアクションはデフォルト状態で全て表示されていたから1つ増えただけなんだけどね。

全部で12個のアクション。これでも全然多く感じないし、アクションセンターの画面の3分の1程度しか埋まらないから、何か通知があっても邪魔になること思う。

どうしても邪魔になったら、クイックアクションの右上に表示されている『折りたたむ』をクリックすれば良いし『展開』をクリックすれば元に戻すことが出来るよ。

最後に

クイックアクションは、全て表示させても邪魔に感じることがないから、基本は12個全てを表示させておくことをおススメするよ。

スタートメニューと比較すると印象の薄いアクションセンターだけど、それぞれ役割が違い、スタートメニューで出来ないことがアクションセンターで出来たりするから、どのようなアクションが出来るのか一通り覚えておこう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。