Windows10のSnipping Toolの使い方、スクリーンショット/キャプチャする方法

スクリーンショット(キャプチャ)するのにかかせないツール、それがSnipping Tool(スニッピング ツール)。少なくともWindows7からWindowsの標準機能として装備されており、最新のWindows10でも使うことが出来る。

実はSnipping Toolより優秀なキャプチャソフトはあるんだけど、どこか知らないところからダウンロードしてくるのは怖いし、そもそもどのソフトが良いのか分からない!って人もいると思う。

そこで、今回は最も簡単に使えるキャプチャソフトであるSnipping Toolの使い方を画像付きで詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

Snipping Toolはどこから開けばいい?

Snipping Toolは2つある。

1つ目は、デスクトップ画面左下にある『円形のアイコン(Cortana)』をクリックして、検索ボックスに『Snipping』と入力して、最も一致する検索結果に出てきたSnipping Toolをクリックして開く方法。

2つ目は、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしスタート画面を表示させたら『Windows アクセサリ』のフォルダーを開いて『Snipping Tool』をクリックして開く方法。

どちらも開く手間はそんなに変わらないから、使いやすい方で開けば良いと思う。

初回は、検索したりWindowsアクセサリから開けば良いんだけど、毎回それをしていたら時間が勿体ない。

Snipping Toolを今後も使っていくのであれば、WindowsアクセサリにあるSnipping Toolを右クリックして『スタート画面にピン留めする』を選択しよう。

これをすることで、スタートメニューの右側(ライブタイル)にSnipping Toolのアイコンが表示されるようになり、次回からこれをクリックするだけで開けるようになるよ。凄い手間が省けるでしょ?

続いてタスクバーにアイコンを表示させる方法も紹介しておくね。

Snipping Toolを開いている状態で、タスクバーにあるSnipping Toolのアイコンを右クリックして『タスクバーにピン留めする』を選択しよう。

すると、Snipping Toolを閉じても、アイコンが表示されたままになる。次回からこのアイコンをクリックするだけでSnipping Toolが開けるよ。

Snipping Toolの基本的な使い方

Snipping Toolを開く方法についてマスターしたところで、基本的な使い方を紹介しておくね。

とりあえず速くキャプチャしたいって人は『新規作成』をクリックして欲しい。

すると、上の画像のように画面全体が真っ白になり、マウスポイントが矢印から十字に切り替わる。この状態になったら、マウスでドラッグしてキャプチャしたい範囲を選択してみよう。

今回は適当にキャプチャしてみた。キャプチャが終わると、真っ白な画面が解除され、最初の画面に戻りキャプチャした画像が表示されるよ。

キャプチャした画像を保存するには、遅延の右横にある『フロッピーのアイコン』をクリックしよう。

名前を付けて保存の画面を開いたら、保存先を指定して(最初はピクチャになっている。)ファイル名を好みで入力したら『保存』をクリックしよう。これでキャプチャした画像を保存出来たね。

今回は、フロッピーのアイコンをクリックして保存したけど、キーボードの『Ctrl』+『S』『ファイル』→『名前を付けて保存』から同じように保存することが出来るよ。

補足

ファイルの種類をクリックすると、ファイル形式をpng、gif、jpg、mhtの中から選択することが出来る。最初はpngになっている。pngを読み込めないソフトやデバイスは今どきほとんどないから、特に変更する必要はないと思うけど。

キャプチャした画像をコピーする方法

そのまま保存する以外に、キャプチャした画像をコピーする機能も備えている。

編集から『コピー』を選択するか、キーボードの『Ctrl』+『C』を押してみよう。

次にペイントなどの画像編集ソフトを開き『貼り付け』をクリックしてみよう。(『Ctrl』+『V』でもOK。)すると、コピーした画像を貼り付けることが出来る。

一見必要のない機能だと思うかもしれないけど、Snipping Toolは画像編集機能が乏しいから、この機能は案外需要があると思う。これをやるくらいなら、最初から高機能なキャプチャソフトを使えって話だけどね・・・。

画像を切り取る機能

Snipping Toolはキャプチャをする際に、画像を色々な方法で切り取ることが出来る。画面全体だけじゃなくて、指定した画面を保存したり出来るってことだね。この機能は新規作成の『▼』をクリックすると開くことが出来るよ。

自由形式の領域を切り取り、四角形の領域の切り取り、ウィンドウの領域の切り取り、全画面領域切り取りの4つの機能が存在しており、この中で最も使えるのが『ウィンドウの領域の切り取り』だね。

これを使えば、選択した画面だけを簡単に切り取ることが出来る。つまり、キャプチャした後に必要なところだけ切り取る作業を省略してくれるってことだね。

初めは四角形の領域の切り取りに設定されているけど、臨機応変に切り取りオプションを切り替えてみよう。

強力な遅延機能

続いて遅延機能について紹介していくよ。

新規作成の右隣にある『遅延』をクリックすると0~5の数字が出てくるね。これが遅延させる秒数。新規作成を押してドラッグしてキャプチャ範囲を指定したら、通常はすぐにキャプチャされるよね?

遅延を使えば、キャプチャ範囲を指定してから実際にキャプチャするまでの時間を遅らせることが出来るんだよ。分かりづらいと思うから、実際にどんな時に活躍してくれるのか紹介しておくね。

例えば、上の画像のようなスタートメニュー。この画面は『Windowsのアイコン』をクリックすることで開くことが出来るけど、スタートメニュー以外の場所をクリックすると、画面が自動的に閉じてしまうよね?

じゃあこのスタートメニューはどうやってキャプチャしたんだよ!って疑問になるところだよね。そこで活躍してくれるのが遅延機能。

遅延をクリックして遅延させる秒数を指定する。今回は余裕を持って5を選択してみた。そして普通にキャプチャする時と同じように『新規作成』をクリックして、キャプチャしたい範囲をドラッグで選択する。

すると、すぐにキャプチャが行われずに実際にキャプチャが行われるまで5秒ほど時間がある。この5秒でスタートメニューを開く。すると、上の画像のように、通常閉じてしまう画面をキャプチャすることが出来る。

俺のように、画像を多用している記事を書いている人には欠かせない機能だと思う。

その他の機能について

その他にもキャプチャした画像を電子メールで送ったり・・・

青ペン、赤ペン、黒ペン、蛍光ペンなどでお絵かきしたり、描いたものを消しゴムで消したりすることも出来る。

選べる数は少ないけど、ちょっとしたカスタマイズにも対応している。

最後に

この記事を読んでSnipping Toolの魅力が少しでも伝わってくれたら嬉しい。

画面をキャプチャしたい人ならこのツールだけで十分なんだけど、画像を編集(文字の挿入、モザイクを入れるなど)したい場合は、Snipping Toolでは不十分。

キャプチャするだけじゃなくて、この辺も改良してくれたら別のソフトを使わずに済むんだけどな。ペイントも画像編集ソフトとしてはいまひとつだし。今後のアップデートに期待したい。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。