Windows10でファイアウォールを有効/無効に設定する方法

Windows10のファイアウォールを有効にすると、ハッカーまたは悪意のあるソフトウェアによるインターネット、ネットワークを経由したアクセスを防止できるようになるよ。と言っても、デフォルトではファイアウォールは有効に設定されている。

現状、Windows10を使っていて何も不具合が起こっていなければ、有効のままで良いんだけど、PCが重い。ファイアウォールを無効にしないと出来ないことがある。という場合は、ファイアウォールを無効にする必要があるよね。

ちなみに、ファイアウォールは、ファイアーウォールとかファイアフォールとか、色々な名前で呼ばれているけど、正式にはファイアウォールね。そこら辺は勘違いしないで欲しい。


SPONSORED LINK

ファイアウォールを有効から無効にする方法

ファイアウォールを有効から無効にするにはコントロールパネルを開いて欲しい。

コントロールパネルの開き方が分からない!という人は、以下の記事を参考にしてね。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

コントロールパネルを開いたら『Windowsファイアウォール』を選択しよう。

補足

表示方法をカテゴリにしている場合は『システムとセキュリティ』から『Windowsファイアウォール』をクリックして欲しい。

Windowsファイアウォールの画面を開いたら、左のメニューから『Windowsファイアウォールの有効化または無効化』をクリックしよう。

設定のカスタマイズの画面を開いたら『Windowsファイアウォールを無効にする(推奨されません)』をクリックして選択しよう。また、PCにあまり詳しくない人は、プライベートネットワークの設定、パブリックネットワークの設定の両方を無効にしておこう。

選択が終わったら『OK』をクリックしてね。

これでファイアウォールを無効にすることが出来た。無効にすると、Windowsファイアウォールの画面が赤くなり、見るからに危険な感じがするよね。

ファイアウォールを無効から有効にする

続いて、無効化されているファイアウォールを有効にする方法を紹介していくよ。無効にした時と同じように『コントロールパネル』→『Windowsファイアウォール』とクリックしていこう。

Windowsファイアウォールの画面を開いたら、左のメニューから『Windowsファイアウォールの有効化または無効化』をクリックしよう。

設定のカスタマイズの画面を開いたら、プライベートネットワークの設定とパブリックネットワークの設定で『Windowsファイアウォールを有効にする』を選択しよう。

選択が終わったら『OK』をクリックしてね。

これでファイアウォールを有効にすることが出来た。有効にするとWindowsファイアウォールの画面が緑色になり、Windowsファイアウォールの状態が有効と表示されるようになるよ。

最後に

何度も言っているけど、ファイアウォールは基本有効に設定しておこう。Windows側がそれを推奨しているってことは、無効にするとPCを危険に晒すことなるってことだからね。

一定以上のスペックがあれば、ファイアウォールが原因でPCが重くなることはないだろうし、ファイアウォールを無効にするくらいなら、新しいPCに変えた方が良いんじゃないかな。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。