Windows10でインストールメディア(ISOファイル)を作成してディスクに書き込む方法

この記事では、Windows10でのインストールメディア(ISO)ファイルの作成と、作成したファイルをDVDやBlu-rayなどのディスクに書き込む方法を詳しく紹介していくよ。

正直時間がかかる作業だけど、ほとんどは待機しているで実際にやることは少ない。PC初心者の人でもこの記事を読みながら進めていけば躓くことはないと思う。


SPONSORED LINK

インストールメディア(ISOファイル)を作成する方法

まずは『こちら』にアクセスしてみよう。

紹介したリンクをクリックすると、Windows10のダウンロードというページにアクセス出来るよ。ここからPCへのWindows10のインストールをご希望ですか?の下にある『ツールを今すぐダウンロード』のボタンをクリックしよう。

今すぐアップデートのボタンではないから間違えないように注意してね。

ツールのダウンロードが終わったら、ダウンロードした『MediaCreationTool.exe』のファイルをダブルクリックで実行しよう。または右クリックから『管理者として実行』でもOKだね。

ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、必ず『はい』を選択しよう。

すると、Windows10セットアップの画面が立ち上がり『準備ができるまで少しお待ちください』というメッセージが表示されるから、暫く待機しよう。(10秒くらい)

暫く待っていると適用される通知とライセンス条項という画面に自動で切り替わるよ。ここではマイクロソフトソフトウェアライセンス条項をしっかり読んでから『同意する』を選択しよう。

拒否するを選択すると、Windows10セットアップの画面が終了するよ。

再度、準備ができるまで少しお待ちください、というメッセージ画面が表示されるから10秒程度待機しよう。

暫く待っていると、実行する操作を選択してください、という画面に切り替わるよ。ここでは必ず『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択してね。選択したら『次へ』をクリックして先に進もう。

言語、アーキテクチャ、エディションを選択する画面が表示される。基本は『このPCにおすすめのオプションを使う』にチェックマークを入れておけば問題ない。

というか、最初からチェックマークは入っているから弄る必要はないと思う。

ただし、設定されているエディション、アーキテクチャ、言語のいずれかがズレている場合は『このPCにおすすめのオプションを使う』のチェックマークを外してから、手動で当てはまるオプションを選択してみよう。

使用出来るオプションの詳細

  • 言語:日本語、英語、中国語など
  • エディション:Windows10、Windows10 Home Single Language
  • アーキテクチャ:64ビット(x64)、32ビット(×84)、両方

オプションを設定したら『次へ』をクリックして先に進もう。

使用するメディアを選択してください、という画面に進んだら『ISOファイル』を選択してから『次へ』をクリックしよう。4GB以上のUSBフラッシュドライブを持っている人は、ISOファイルを選択する必要はないからね。

ISOファイルにしても、ハードディスクに4GB以上の空きがない場合は、インストールメディアを作成することが出来ないよ。容量が足りない場合は、いらないファイルを消すなどして4GB以上空けてからにしてね。

ISOファイルを選択すると、パスの選択画面が表示される。ここではISOファイルを保存する場所を選択しよう。

今回は分かりやすく『デスクトップ』を選択してみた。ファイル名はそのままで良いと思うけど、気に入らなければ変更して『保存』をクリックしよう。

ここまで終わると、インストールメディアの作成が始まるよ。

0~15%くらいまでは異様に進むのが遅く5時間くらいかかるんじゃないか?と思ってたら、20%から100%は意外とあっという間で救われた。

それでも30分以上時間がかかったから、時間に余裕がない時だったら結構焦ってたね。

Windows10をダウンロードしています、の画面のパーセンテージが100になると、ダウンロードを検証していますという画面に移行する。この画面は数秒程度で切り替わるから、気にかける必要はなし。

続いて、Windows10のメディアを作成しています、という画面に移行する。この画面は3~5分くらいで終わるよ。

ISOファイルをDVDにコピーしてください、という画面が表示されたらインストールメディアのダウンロードは完了だね。続けてデータの書き込みもしたい場合は『完了』はまだクリックしないでね。

今回は保存先をデスクトップにしといたから、上の画像のようにデスクトップにインストールメディアが保存されていた。

ちなみにISOファイルのサイズは人それぞれ違うからね。

3GBくらいの人もいれば、4GBを超える人もいる。俺の場合は4.08GBだった。書き込む時は、余裕を持ってBlu-rayディスクか、8GB以上のUSBフラッシュドライブ(メモリ)を購入した方が良いかも。

SPONSORED LINK

作成したISOファイルをDVD、Blu-rayディスクに書き込む方法

続けて、DVDにISOファイルを書き込みたい場合は『DVD書き込み用ドライブを開く』を選択しよう。事前に空のディスクをPCのドライブに挿入しておいてね。

書き込み用ドライブが正しい場所か確認してから『書き込み』をクリックしよう。

書き込み可能なディスクにディスクイメージを書き込んでいます、というメッセージが表示される。書き込みが終わるまで暫く待機しよう。

ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました。と表示されたら、書き込み完了だね。書き込みが終わると、PCのドライブからディスクが自動ではきだされるよ。

SPONSORED LINK

最後に

インストールメディアをインストールして、空のディスクに書き込む時の注意点なんだけど、CDのディスクには書き込むことが出来ないみたいだね。容量はギリ足りてると思ってたけど、出来ないってことは僅かばかり足りないんだろうね。

ちなみに、DVDより容量のあるBlu-rayディスクには問題なく書き込むことが出来るよ。25GBも容量があるのに書き込み出来ない訳がないんだけどね。

インストールメディア(ISOファイル)を作成と書き込みにかかった時間は1時間くらいかな。とにかくインストールメディアの作成に時間がかかる。

インストールメディアの作成に40分、ISOファイルをDVDに書き込みに20分。環境によって変動するだろうけど、多めにこのくらいは見積もっておいた方が良いと思う。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。