Windows10のアプリ(背景)をダークモードにする方法

Windows10では、アプリ(設定画面、電卓)の背景はデフォルトだと白色だよね?でも人によっては背景の色を黒に変えたい!って人もいるんじゃないかな。白より黒の方が見やすい場合もあるし。

今回の記事では、Windows10でアプリをダークモードにする方法を詳しく紹介していくよ。Anniversary Update以降の更新を適用させていないと使えない機能だから、Anniversary Update以前のWindows10を使っている場合は事前にアップデートを済ませておこう。


SPONSORED LINK

アプリ(背景)をダークモードにする方法

まずは、タスクバー左端にある『Windowsのアイコン』をクリックするか、キーボードの『Windowsのロゴキー』を押してスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

補足

個人用設定の画面は、デスクトップの何もない場所で右クリックしてメニューを開き『個人用設定』をクリックすることで開くことも出来る。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『色』を選択しよう。

色の画面を開いたら『既定のアプリモードを選択します』の項目にある『黒』を選択して欲しい。

すると、アプリがダークモードに切り替わるよ。

各アプリでダークモードと通常モードを比較してみた

アプリモードを黒にするとどんな感じに変わるのか比較してみたよ。

 

まずは電卓。黒の方がカッコいいし、黒でも見づらいってことはないね。むしろ慣れたら黒の方が見やすいんじゃないかな。

 

 

Windowsの設定画面。アイコンの色を青にしてることもあり、ひたすらカッコイイ。

 

 

カレンダーの画面。これも黒の方が良いな。見やすさだけを考えれば白の方が良いかも?

 

 

最後にフォトの画面。これを見る限り、中央に表示されるメッセージウィンドウの背景も黒になるみたいだね。

最後に

慣れれば黒(ダークモード)の方が見やすい。カッコいいし十分価値のある機能だと思う。ただ慣れるまでは違和感があるから最初は我慢するしかなさそうだね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。