Windows10で夜間モードを設定してブルーライトを軽減する方法

Windows10 Creators Updateに更新すると使えるようになる機能の1つ夜間モードについて詳しく紹介していきたいと思う。

夜間モードとは簡単に説明すると、ブルーライトを軽減してくれる機能だね。近年ブルーライトカットのメガネを使っている人が増えてきているけどあれと同じ感じ。

PCの画面は、眠りを妨げる可能性のあるブルーライトが発光されているんだよね。これを寝る前に見てしまうと中々眠りに付けなくなり不眠症の原因にもなりかねない。

仕事でどうしても寝る直前までPCで作業しなきゃいけないんだ。って人は、夜間モードの設定を見直しておこう。


SPONSORED LINK

夜間モードを設定してブルーライトを軽減する方法

まずは、タスクバー左端にある『Windowsのアイコン』をクリックするか、キーボードの『Windowsのロゴキー』を押してスタートメニューを展開させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『システム』を選択しよう。

システムの画面を開いたら、左のメニューから『ディスプレイ』が選択されていることを確認してから『色』の項目にある『夜間モード設定』をクリックして欲しい。ちなみに、ここで『夜間モード』をオフからオンに切り替えると、夜間モードにすることが出来る。

補足

ディスプレイの設定画面は、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックしてメニューを開き『ディスプレイ設定』をクリックして開くことも出来るよ。

夜間モード設定の画面を開いたら『色温度(夜)』の部分に注目してみよう。右側にいくほど暖かい色に変化し、左側にいくほどブルーライトが発光量が強い色になるよ。

自分が耐えられる範囲で、色温度を右側まで持っていくことをおススメするけど、限界まで暖かい色にしてしまうと、こんな感じでオレンジ一色の画面になって凄く見づらい。見えなくはないんだけど、目を凝らさないと見えない。

ブルーライトを気にし過ぎて、逆にPCの画面が見えづらくなるのはバカらしいからほどほどに設定しておこう。真ん中より手前くらいが1番良いと思う。真ん中より右側にすると、かなりオレンジ色が強くなるからおススメ出来ないね。

SPONSORED LINK

夜間モードのスケジュールを設定する方法

続いて、夜間モードのスケジュールを設定する方法を紹介していくね。まずは『設定』→『システム』→『ディスプレイ』→『夜間モード設定』と進んでいこう。

夜間モード設定の画面を開いたら『スケジュール』の項目にある『夜間モードのスケジュール』をオフからオンに切り替えよう。

切り替えると、新たに設定項目が現れる。デフォルトでは『日没から朝まで(18:09~5:17)』が設定されているんだけど、日没の時間は季節によって大きく変わってくるよね。ということで、今回は『時間の設定』を選択していこう。

時間の設定を選択すると、15分単位で好きな時間を設定することが出来る。ここから夜間モードをオンにする時間とオフにする時間を設定してみよう。

SPONSORED LINK

アクションセンターから簡単に設定することが出来る

夜間モードは『設定』→『システム』→『ディスプレイ』からでなくても、アクションセンターから簡単に設定することが出来るよ。

ただし、アクションセンターから出来ることはオンオフの切り替えだけ。スケジュール設定や色温度に関しては、先ほど紹介した方法で設定していこう。

タスクバーの右端にある『アクションセンターアイコン』をクリック。アイコンがない場合は、キーボードの『Windowsのロゴキー』+『A』を押してアクションセンターを開いてみよう。

アクションセンターを開いたら『夜間モード』をクリック。

背景が灰色から青色になればオフからオンに切り替わったことになるからね。

SPONSORED LINK

最後に

個人的には、時間帯によって夜間モードを設定するのではなく、常に夜間モードをオンにしておき、色温度を少しだけ暖かい色にしておくのが良いと思った。

夜になったからと言って、急激に暖かい色にしてしまうと違和感が凄くてまともにPC操作が出来なくなってしまうし、元の色に戻した時に凄く目が痛くなるからね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。