Windows10でタスクバーの位置を上下左右に変更する方法

Windows10では、デフォルト状態だとタスクバーはデスクトップ画面下部に設置されているけど、実はこのタスクバーを上下左右好きな位置に変更することが出来るよ。

タスクバーは、アプリや特定の場所を開きたい時に誰もが頻繁に利用しているからこそ、位置を変更することで作業効率がグンとアップする可能性があるんだよね。

今回は、タスクバーの位置を変更する方法を詳しく紹介していくね。


SPONSORED LINK

タスクバーの位置を上下左右に変更する方法

上の画像を見ての通り、タスクバーの初期位置は画面下部になっているよね?もし、下部以外(上、左、右)のいずれかにタスクバーがある場合は、既に位置を変更していることになるけど。

この位置を上下左右好きな場所に変えることが出来るって話。

まずは、タスクバーの左端にある『Windowsのアイコン』をクリックしよう。

Windowsのアイコンをクリックしてスタートメニューを表示させたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『タスクバー』を選択して『画面上のタスクバーの位置』の項目をクリックしよう。最初は『下』と表示されていると思う。これが現在のタスクバーの位置だね。

クリックすると、上下左右の中から位置の選択が出来るようになるよ。まずは『上』を選択してみるね。

すると、画面を上下ひっくり返したみたいに、タスクバーの表示が上になる。

実際は画面をひっくり返した訳じゃないから、アイコンや日時の数字も上下逆になることはないね。下にあったタスクバーをそのまま上に平行移動させた感じ。

正直、下の位置に慣れていると上は凄く使いづらい。実際に変えてみて上にしても作業効率が上がるどころか、ぎこちなくなって思うような操作が出来なくなると思う。慣れれば平気なんだろうけど・・・。

次にタスクバーの位置を右にしてみた。

これは慣れたら下に表示させている時より使いやすくなりそうな気がする。特に右利きの人におススメだね。ただ、縦と横では使い勝手が全然違うから慣れるまでは色々苦戦しそう。

最後にタスクバーの位置を左にしてみた。

俺が右利きということもあり、タスクバーが凄く遠く感じる。加えてスタートメニューも遠すぎるよ。キーボードの『Windowsのロゴキー』を押せば、スタートメニューを開くことも出来るけど、それでも色々と微妙・・・。

今回は、スタートメニューの設定からタスクバーの位置を変更していったけど、タスクバーの何もない場所で右クリックしてメニューの中から『設定』を選択すると、一気にタスクバーの設定画面を開くことが出来るよ。

タスクバー関係の設定を弄りたい時はこっちの方が早いかも。

この他にも、コントロールパネルから『タスクバーとナビゲーション』を選択して、タスクバー設定画面を開くことも出来る。

コントロールパネルの開き方が分からない!って人は以下の記事を参考にしてね。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

最後に

上下左右全ての位置を試してみたけど、結局1番使いやすいタスクバーの位置は下だね。ただ、右利きの人は右、左利きの人は左。この辺りは慣れたら下よりずっと使いやすくなる可能性を秘めていると思う。個人的に上は論外。

下に慣れるとどうしても、他の位置は違和感があるね。その分、他の位置にした時は凄くおしゃれに感じたりもするんだけど、それも最初の内だけだろうね。

特に理由がない限りは弄る必要がない設定だけど、位置が下だと使いづらい!って人は、上下左右4種類の位置を試して、どれが自分に1番向いているのか試してみよう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。