Windows10でのスタートメニューの基本的な使い方(サイズ変更など)

他の記事でスタートメニューのカスタマイズ方法は散々紹介してきたから、この記事では、設定を弄らずスタートメニューだけで出来ることを詳しく紹介していくよ。

スタートメニューでどんなことが出来るのか知りたい!という人は是非目を通して欲しい。


SPONSORED LINK

スタートメニューの開き方

スタートメニューを開く方法は2つ。

デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックするか、キーボードの『Windowsのロゴキー』を押してみよう。慣れてきたらキーボードで開いた方が効率が良いと思う。

スタートメニューを開くとアプリやライブタイルが表示される。

左側のメニューの使い方

アプリは数字の1~9、A~Z、あいうえおの順で表示される。

ここから電卓、ペイント、エクスプローラー、PC、コントロールパネルなど、あらゆる画面を開くことが出来る。開きたいアプリや画面があって見つからない場合は、ここから探してみよう。

次に1番左のメニューを見てみよう。何も設定を弄っていなければ、ユーザーアカウントのアイコン、設定のアイコン、電源のアイコンが配置されているよ。

電源のアイコンをクリックすると、スリープ、シャットダウン、再起動の項目が表示される。PCを終了させたい時はここから操作しよう。

設定のアイコンをクリックすると、Windowsの設定画面が表示される。システム、デバイス、ネットワークとインターネット、個人用設定、アカウント、時刻と言語、簡単操作、プライバシー、更新とセキュリティに関する設定を変更することが出来るよ。

ユーザーアカウントのアイコンからは、アカウント設定の変更、ロックサインアウトが出来る。他のアカウントに切り替えたい時はここから行うことになるよ。

左上にある『横三本のアイコン』をクリックすると・・・

1番左にあるメニューの表示領域が拡大されるよ。これに関してはあまり意味がない機能にも感じるけど・・・。

タイルにあるアイコンをピン留めする、ピン留めから外す

右側のタイルにピン留めされているアイコンを右クリックして『スタート画面からピン留めを外す』を選択すると・・・

タイルからアイコンを消すことが出来る。これはアイコンが消えただけで、アプリがアンインストールされた訳じゃないから安心してね。

一度ピン留めから外したアプリやフォルダーをもう一度ピン留めしたい場合は、右クリックから『スタート画面にピン留めする』を選択しよう。

するとタイルにピン留めから外したアプリが復活する。(今回は天気のアプリ。)この時ピン留めしたアイコンは必ず最後尾になる。

ピン留めしたアイコンは、ドラッグ&ドロップで好きな場所に移動することが出来るよ。ドラッグで移動する時は、背景の色が微妙に変わるからすぐに分かると思う。

タイルにピン留めされているアイコンのサイズを変更する

最初はアイコンのサイズが『中』に設定されている。ピン留めしているアイコンのサイズを変更したい場合は、対象のアプリ、フォルダーを右クリックして『サイズ変更』からサイズを選択しよう。

サイズを小にすると・・・凄く小さくなるね。このサイズにすれば、より沢山のアイコンをピン留めすることが出来るけど、さすがに小さすぎる気が・・・。

サイズを横長にすると、ピン留め出来るアイコンの数は少なくなるけど、よく開くアプリを強調したい時に便利だね。

サイズを大にすると、横長の約2倍のサイズになる。中サイズ4つ分だね。ピン留めしたいアプリやフォルダーがあんまりない。って人はこのサイズで良いかも。

タイルにピン留めされているアイコンの配置を変更する

ピン留めしているアイコンを、上の画像のようにアイコンとアイコンの間に隙間を空けて配置することも出来る。

グループの名前を変更する

グループの名前を変更したい場合は、グループの名前をクリックして、新しい名前を入力するだけだよ。

予定と状況からよく使うアプリに変更してみたよ。iPhoneのアプリをフォルダ分けするのと同じようなもんだね。

スタートメニューからアプリをアンインストールする

スタートメニューからアプリをアンインストールするには、アンインストールしたいアプリを右クリックしてメニューを開き『アンインストール』を選択しよう。

すると、プログラムと機能の画面が開かれるから、ここからもう一度アンインストールしたいプログラム(アプリ)を探してアンインストールしていくことになるよ。

正直、どうせプログラムと機能を開くなら、初めからコントロールパネルから『プログラムと機能』を選択してアンインストールした方が良いと思う。スタートメニューだけでアンインストール出来るようになったら良いのにな・・・。

スタート画面を拡大させる

スタートメニューの右端をドラッグして右側に引っ張ると・・・

スタートメニューを拡大させることが出来る。

最大で通常時の4倍近くまで拡大可能。ここまで拡大させると、デスクトップ画面をかなり隠すことになるけどね。

最後に

この記事を参考にしてスタートメニューを自分の使いやすいようにカスタマイズしてみよう。

また、最低限どこに何があるのかは把握しておこう。スタート画面にピン留め、ピン留めから外す、サイズ変更は右クリックから出来る。シャットダウン、再起動はスタートメニューから出来る。などなど・・・。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。