Windows10でセーフモードをF8キーを連打して起動する方法

以前のOSでは何も設定しなくても、起動時にF8を連打することによりセーフモードを起動することが出来たんだけど、Windows10でF8を連打しても何も起きずにそのまま起動してしまう。

セーフモードを起動する方法は他にもあるけど、F8連打でセーフモードを起動していた人なら、Windows10になろうとも同じ方法を使い続けていきたいよね?そこで今回は、F8キーを連打して起動するために必要な設定を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

セーフモードをF8キーを連打して起動する方法

早速やり方を紹介していくね。まずは、F8を連打してセーフモードが起動する設定になっているか否か確認する方法を紹介していいくよ。

デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』の上で右クリックし・・・

メニューを開いたら『コマンドプロンプト』を選択して欲しい。管理者でも管理者でない方でもどちらもでもOKだよ。

その他の方法でコマンドプロンプトを開く

Windows10でコマンドプロンプトを開く方法と表示する方法

コマンドプロンプトを開くとこんな感じ。背景が真っ黒の画面だね。パッと見で拒絶反応を起こす人もいると思うけど、今回はこの記事に書かれている通りに進めればOKだからね。

C:\Users\あなたのユーザー名>の後に『bcdedit | findstr “bootmenupolicy”』の文字列をコピーして貼り付けよう。

貼り付けるとこんな感じ。文字列がしっかり貼り付けられていることを確認したら、キーボードの『Enter』を押そう。

Enterを押すと『Legacy』『Standard』という文字が表示される。

表示された文字が『Standard』の場合は『Legacy』に変更する必要があるよ。また、ここでStandard、Legacyのどちらの文字も表示されない場合は『コマンドプロンプト』『管理者』として実行して、もう一度文字列を貼り付けて『Enter』を押してみよう。

StandardをLegacyに変更するために、もう一度コマンドプロンプトを開いてみよう。(Windowsのアイコンの上で右クリックしてメニューを開き『コマンドプロンプト(管理者)』をクリックする。)

次に、F8を連打してセーフモードを起動する設定にしたい場合は『bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy』の文字列をコピーして貼り付ける。

逆に、F8を連打してセーフモードを起動することが出来ない設定にしたい場合は『bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard』の文字列をコピーして貼り付けよう。

Windows10では、自分で設定を書き換えない限り、F8を連打してもセーフモードが起動することはない。この記事を見ているあなたは、F8を連打してセーフモードを起動させたい!と思っているはずだから、前者の文字列をコマンドプロンプトに貼り付けよう。

目的の文字列を貼り付けたら『Enter』を押してね。

Enterを押して『この操作を正しく終了しました。』というメッセージが表示されれば設定完了だよ。

ちなみに、コマンドプロンプトを管理者として実行させないと、上の画像のように『ブート構成のデータ ストアを開けませんでした。アクセスが拒否されました。』というメッセージが表示されてコマンドを実行することが出来ないからね。

必ず、コマンドプロンプトを開く時は管理者として実行しなきゃいけない。

SPONSORED LINK

F8キー連打でセーフモードを起動する

ここまでの設定が終わったら、いよいよ本当にF8連打でセーフモードが起動出来るのか試してみよう。

Alt+F4を押して、Windowsのシャットダウンの画面を表示させたら『シャットダウン』をクリック。

この中から『再起動』を選択して、キーボードの『Enter』『OK』をクリックしよう。

この他にも、再起動を実行する方法は色々あるから興味のある人は以下の記事を参考にして欲しい。

Windows10でシャットダウン(電源を切る)&再起動する方法の全て

シャットダウンが終わり、起動が始まったらとりあえず『F8キー』を連打しよう。F8キーを押すのが遅れるといつも通り起動しちゃうし、速く押したからと言って別の画面が表示されたりしないから安心して欲しいな。

上手くいくと、詳細ブートオプションの画面が表示される。初めは『コンピューターの修復』が選択されているから、キーボードの方向キー『↓』を1回押してセーフモードを選択してから『Enter』を押そう。

セーフモードを選択すると、いつも通りサインイン画面に進むことが出来る。

ここではパスワードを入力してから『→』を押してサインインを済ませていこう。ちなみにPINを設定している場合でも、強制的にパスワードを入力しなきゃいけなくなるから注意してね。サインイン方法を選ぶことは出来ないみたい。

サインインが終わると、セーフモードでデスクトップ画面が表示されるよ。

この時『このアプリを開けません、ビルドインAdministarアカウントを使って、ヒントを開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。』というメッセージ画面が表示されるから『閉じる』をクリックして欲しい。

これでセーフモードの起動は完了だよ。

SPONSORED LINK

最後に

Windows10を起動させている状態や、Windows10が起動出来る状態であれば、今回紹介した方法でセーフモードを起動させる必要はないんだけど、Windows10を起動させていない。Windows10が起動出来ない。という状態なら、今回の方法でセーフモードを起動させてみよう。

通常の方法で起動出来なくてもセーフモードなら起動する。ということは良くあることだから、PCが不調だからと言ってすぐに諦めないでね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。