Windows10 Creators Updateを以前のバージョン(以前のビルド)に戻す方法

Windows10 Creators Updateに更新してみたけど、PCのスペックが足りなくて正常に動作しない、PCが重たくなってしまった。など以前のバージョンを使っていた方が正常に使えていた場合は、Creators Updateを無理に使い続ける必要はないよ。

Windows10では、アップデートをしてから10日間限定になるけど、以前使っていたバージョンに戻す方法を用意してくれている。今回はその方法を使って Creators Updateから以前のビルドに戻してみようと思う。

ちなみに、今回紹介する方法はアップデートをしてから10日間を超えていなければ、他のバージョンでも問題なく利用することが出来る。是非試してみて欲しい。


SPONSORED LINK

Windows10 Creators Updateを元のバージョンに戻す方法

まずは、タスクバー左端にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを展開させよう。(キーボードの『Windowsのロゴキー』を押して開いてもOK。)

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『更新とセキュリティ』を選択しよう。この画面に『ゲーム』『アプリ』の項目があることから、既にCreators Updateを完了していることが分かってもらえると思う。

更新とセキュリティの画面を開いたら、左のメニューから『回復』を選択しよう。

回復の画面を開いたら『前のバージョンのWindows10に戻す』の項目にある『開始する』をクリックして欲しい。

開始するをクリックして少し待っていると、以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください。の画面が表示される。『詳しくお聞かせください』の部分は空欄でもOKだけど、選択項目はいずれかを選択してチェックマークを入れないと先に進むことが出来ないよ。

チェックマークを入れたら『次へ』を選択しよう。

続いて『更新プログラムをチェックしますか?』の画面が表示されたら『チェックしない』を選択して欲しい。ここで『更新プログラムのチェック』を選択してしまうと、元の更新とセキュリティの画面に戻されてしまうから手間になるだけだよ。

次に『知っておくべきこと』の画面が表示されるから、文章に目を通してから『次へ』を選択しよう。

知っておくべきことの詳細

この処理には時間がかかる可能性がある。完了するまでPCを使うことは出来ない。PCを電源に接続した状態で電源を入れてたままにしておく。

元のバージョンに戻した後は

  • 一部のアプリとプログラムの再インストールが必要になる。
  • 最新ビルドのインストール後に設定を加えた変更は失われる。

通常バージョンを戻したところでユーザーファイルが消えることはないけど、稀に何らかの問題で消えることも考えられる。その時のために出来ればバックアップしていくことをおススメする。

Windows10でバックアップと復元をする方法の全て

ロックアウトされないようにご注意くださいの画面。問題なければ『次へ』をクリックしよう。

このビルドをお試しいただきありがとうございますの画面。ここは『以前のビルドに戻す』を選択しよう。選択すると再起動が実行される。

以前のバージョンのWindowsを復元しています…のメッセージ画面が表示されたら15分~30分ほど待機しよう。

復元が正常に完了すると、サインインの画面が表示される。後はパスワードを入力してログインするだけだね。ログインすると、いつものデスクトップ画面に移動出来るよ。

SPONSORED LINK

最後に

他のバージョンからWindows10 Creators Updateに更新するには、3~4時間くらいかかるけど(環境によってはもっとかかる。)、Windows10 Creators Updateに更新した後に、元のバージョンに戻すのは、30分もかからないから凄く助かるね。

冒頭でもお話した通り、この機能が使えるのはアップデートをしてから10日間以内。これを過ぎたら元に戻すことが出来ないから、Windows10 Creators Updateに更新したら、一通り操作してみて、不具合がないか正常に使えるのかチェックしておこう。

ここで何か突っかかる部分があれば、今回紹介した方法で元に戻せば良いと思うし、何事もなければそのままで良いし。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。