Windows10でタスクバーの固定(ロック)をオン/オフにする方法

Windows10のタスクバーは、デフォルトだとロックされており、ドラッグで引っ張って領域を広げることが出来ない。だけど設定でロックを解除すれば、タスクバーの領域を拡大させることが出来るよ。

タスクバーにアイコンをピン留めしすぎて、デフォルトのままでは領域が足りない!という人はこの記事を参考にして、タスクバーの固定を解除してみよう。


SPONSORED LINK

タスクバーの固定を解除する1番簡単な方法

まずは、1番簡単にタスクバーの固定を解除出来る方法を紹介しておくね。

まずは、タスクバーの何もない場所(アイコンがピン留めされていない、日付時刻などがない場所)を右クリックしてメニューを開こう。

メニューを開いたら『すべてのタスクバーを固定する』を選択しよう。すると、先頭に付いているチェックマークが外れて、タスクバーの固定が解除されるよ。

タスクバーの固定を解除したら、タスクバーの上端をドラッグで引っ張ってあげる。

すると、最大でデスクトップ画面の半分くらいまでタスクバーに埋め付くすことが出来るよ。

ここまでやったらさすがに邪魔になるから誰もこんなことはやらないだろうけど(笑)これだけ引き伸ばすことが出来れば、アイコンをピン留め出来ない!なんてこともなくなるはず。

タスクバーの固定(ロック)をオン、オフにする方法

次に、少し手間はかかるけど設定から固定を解除する方法を紹介していくよ。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックして、スタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックしてね。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『タスクバー』を選択して『タスクバーをロックする』をオンからオフに切り替えよう。

これで、1つ目に紹介した方法と同じようにタスクバーの上端をドラッグして、タスクバーの領域を広げることが出来るよ。

その他の方法でタスクバーの設定画面を開く

コントロールパネルから『ナビゲーションとタスクバー』を選択するか、タスクバーの何もない場所で右クリックして『設定』を選択する。

最後に

基本は、間違えてクリックしてタスクバーの領域を広げないように固定しておいた方が良い。必要な時だけ固定を解除して必要な分だけ領域を広げたら、最後に必ず固定する設定に戻しておこう。

それから、複数のディスプレイを使っていて両方にタスクバーを表示している場合も、固定する設定にしたら全ての画面のタスクバーが固定されるし、固定を解除したら、全ての画面のタスクバーの固定が解除されるからね。

つまり、1つの画面のタスクバーを固定したり、固定を解除することは出来ないってことだね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。