Windows10でタスクバーの通知領域に表示するアイコンを選択する方法

タスクバーのピン留め機能を使えば、好きなアプリをタスクバーに表示させることが出来るけど、初めから表示されている音量やネットワークのアイコンは、右クリックしてピン留めしたりピン留めを外すことは出来ないよね?

そこで、今回は音量、ネットワークなど特定のアイコンをタスクバーの通知領域に表示、非表示する方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

タスクバーの通知領域に表示するアイコンを選択する方法

まず通知領域がどこのことなのか説明しておくね。

上の画像を見れば分かると思うんだけど、タスクバーの右端。上矢印から右の部分が通知領域だね。特に設定を弄っていなければ、最初はネットワークと音量のアイコンが表示されてるはず。

上矢印をクリックすると、アイコンがズラッと表示される。実は、ここにあるアイコンをタスクバーの通知領域に表示させる(見える場所に引っ張ってくる)だけなんだよね。

ここからは、これらのアイコンを通知領域に表示させる方法を紹介していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックしてね。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『タスクバー』を選択して、通知領域の項目にある『タスクバーに表示するアイコンを選択してください』をクリックしよう。

その他の方法でタスクバーの設定画面を開く

コントロールパネルから『ナビゲーションとタスクバー』を選択するか、タスクバーの何もない場所で右クリックして『設定』をクリックする。

タスクバーに表示するアイコンを選択してくださいの画面に進んだら、通知領域に表示させたい項目をオフからオンに切り替えよう。

ネットワークと音量は最初からオンになってるけど、必要なければオフに切り替えて非表示にすることも出来るよ。

また、1番上にある『常にすべてのアイコンを通知領域に表示にする』をオンに切り替えると、全てのアイコンが通知領域に表示されるようになる。絶対に邪魔になるからおススメ出来ないけどね。

通知領域に表示できるアイコン(環境によって異なる)

ネットワーク、音量、Windows Defender notification icon、Microsoft OneDrive、エクスプローラー、Realtek HD オーディオマネージャ、IAStorlcon、位置情報通知、Microsoft IME、Task Managerなど

今回は、ネットワークと音量に加えて、Windows Defender notification icon、Microsoft OneDrive、エクスプローラーの3つのアイコンを表示させてみた。

通知領域に全てのアイコンを表示させるとこんな感じ。いくら何でもこれは邪魔すぎるね・・・。

最後に

通知領域に表示できるアイコンは人それぞれ異なる。

例えば、俺はプリンターをPCに繋げているからプリンターの項目があるし、LGのウルトラワイドモニターを使っているから、OnScreen Controlというアイコンを表示させることが出来る。

個人的に、最初に表示されている音量とネットワーク以外のアイコンは表示させなくても支障はないと思った。

音量もボリューマーという音量をマウスホイールで設定出来るソフトを使えば必要ないかも。突き詰めていくと、通知領域に必要なのはネットワークのアイコンだけかもね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。