Windows10で不要なファイルを自動的に削除する/今すぐ空き領域を増やす方法

Windows10 Creators Updateの新機能の1つであるストレージセンサー。簡単に説明すると、一時ファイルやごみ箱の中身など不要なファイルを削除して自動的に空き領域を増やしてくれる機能だね。

一時ファイルやごみ箱のファイルは基本的に使用することがないから、こういったファイルを自動的に削除してくれるのは凄く助かるよね。

今回は、不要なファイルを自動的に削除する方法と今すぐ空き領域を増やす方法の2つを詳しく紹介していくよ。興味のある人は最後までじっくり読込んで欲しい。


SPONSORED LINK

Windows10で不要なファイルを自動的に削除する方法

まずは、タスクバー左端にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを展開させよう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『システム』を選択して欲しい。

補足

システムの画面は、Windowsのアイコンの上で右クリックしてメニューを開き『システム』を選択して開くことも出来る。

システムの画面を開いたら、左のメニューから『ストレージ』を選択して欲しい。

ストレージの画面を開いたら『ストレージセンサー』の項目にある『Windowsは、一時ファイルやごみ箱の中身など不要なファイルを削除して、自動的に空き領域を増やすことができます』をオフからオンに切り替えよう。これでストレージセンサーを有効にすることが出来た。

なんだけど、この方法ではすぐに不要なファイルが削除される訳じゃないから、すぐに空き領域を増やしたい!という人にとって全く効果をなさないよね。

今すぐ空き領域を増やす前に『空き領域を増やす方法を変更する』をクリックしてみよう。

すると、空き領域を増やす方法の画面に移動することが出来るよね。

  • マイアプリで使用されていない一時ファイルを削除します
  • 30日間以上ごみ箱にあったファイルを削除します

この2つの項目は、デフォルトではオンになっているから基本的には弄らないでOKだよ。

一時ファイルやごみ箱のファイルを勝手に削除して欲しくない!という場合だけオンからオフに切り替えておこう。と言っても、一時ファイルとか基本的に一般人が使用することはないし、ごみ箱に捨てたファイルはほとんどの場合一生利用することがないよね。

間違ってごみ箱に移動したとかでない限りは・・・。

SPONSORED LINK

今すぐ空き領域を増やす方法

続いて、今すぐ空き領域を増やす方法を紹介していくね。1つ前に紹介した空き領域を増やす方法を変更する画面で実行することが出来るよ。

空き領域を増やす方法を変更するの画面を開いたら、1番下にある『今すぐクリーンアップ』をクリックして欲しい。

クリックすると、読み込みが始まる。削除出来るファイルを探してくれてるのかな?

20秒ほど待機していると、クリーンアップが完了する。俺の場合はディスク領域の17.1MBをクリーンアップすることに成功したよ。めちゃくちゃ短い動画一個分だね。

何となくもう一度クリーンアップを実行してみたけど、当然ながらこれ以上ディスクの空き領域を増やすことは出来なかったね。クリーンアップは1か月に1回とか定期的に実行しておけば良いと思う。そんなに時間のかかるものじゃないから結構便利だな。

SPONSORED LINK

最後に

実際に使ってみてなかなかに便利な機能だと思った。ストレージセンサーをオン(有効)にしておけば、今後自分が何もしなくても不要なファイルを削除してくれるからね。

今までは、フリーソフトを使わなければ出来なかったことだったんだけど、遂にWindowsの標準機能になってくれたね。時代の進化を感じる。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。