Windows10でスタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景に色を付ける

スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景の色はデフォルトだと黒色に設定されているよね。実はこの色を変更することが出来る。自由度は低いけどね。

今回はスタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景の色を黒から他の色に変える方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターについて

背景の色を変えても、どこが変わったのか分からないと変えて意味がない。

スタートメニューとタスクバーは大体の人が知っていると思うけど、アクションセンターは案外知らない人が多いだろうし、間違った覚え方をしている可能性もあるね。

スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターが何なのか分からない!という人は、必ず以下の記事に目を通して欲しい。

Windows10でスタートメニュー/タスクバー/アクションセンターの背景を透明にする方法

スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景に色を付ける

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックしてね。

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

コントロールパネルから『個人用設定』を選択するか、デスクトップ画面の何もない場所で右クリックして『個人用設定』をクリックする。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『色』を選択して『スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける』の項目をオフからオンに切り替えよう。

すると、スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景に色が付く。上の画像は設定をオフにしている状態。

これが設定をオンに切り替えた状態。背景以外の色)アクセントカラーに合わせて自動的にぴったりの色が設定されるよ。

青なら青に近い色、赤なら赤に近い色、黄色なら黄色に近い色。アクセントカラーとほぼ一緒の色だけど、不自然にならないように少しだけ色をずらしてくれているね。背景が黒色の時より凄くおしゃれになった。

これがアクションセンター。スタートメニューやタスクバーと同じで、背景を黒にしてた時よりスタイリッシュな感じになったと思う。個人的にはこっちの方が断然好み。

最後に

今回の設定は変更しなくても全然構わないけど、黒色の背景に合うアクセントカラーは暗めの色しかないから、明るい色のアクセントカラーを使いたい場合は、今回紹介した『スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける』の設定はオンに切り替えておくことをおススメする。

面倒な色の設定を自動的にやってくれるのはありがたい限り。見栄えがよくなって仕事のモチベーションも上がってきた。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。