Windows10で隠しファイル/隠しフォルダー/隠しドライブを表示する方法

PCで何か分からないことがあって、どこかのサイトを参考にして解決しようとしている時に、ファイルやフォルダーが見つからない!という体験をしたことはないだろうか?

見つからない原因は色々あるんだけど、その中でもよくあるのが、隠しファイル、隠しフォルダーを表示させる設定にしていないってことだね。

今回は、Windows10で隠しファイル、隠しフォルダー、隠しドライブを表示させる方法を紹介していくよ。


SPONSORED LINK

隠しファイル/隠しフォルダーを表示する1番簡単な方法

まずは1番簡単に表示させる方法から解説していくね。この方法はWindows10以前のOSでは利用することが出来ないよ。

2017-02-01_14h40_33

隠しフォルダーがある場所(フォルダー内)で、左上にある『表示』を選択してから『隠しファイル』をクリックしてチェックマークを入れよう。

ここに既にチェックマークが入っている場合は、隠しファイルやフォルダーが既に表示されていることになるよ。

2017-02-01_14h47_55

隠しファイルにチェックマークを入れたら隠しフォルダー(Program Data)が表示されたね。

隠しフォルダーやファイルは表示させる設定にしても、アイコンの色が通常より薄くなっているから、このフォルダー(ファイル)は隠しなんだなってことが分かると思う。

SPONSORED LINK

コントロールパネルから表示させる方法

少し手間はかかるけど、コントロールパネルから隠しファイル(隠しフォルダー)を表示させる方法もあるよ。簡単に表示させる方法が出来た今、この方法は需要がなくなると思うけど。

まずは、あなたの好きな方法でコントロールパネルを開いて欲しい。コントロールパネルを開く方法に関しては以下の記事を参考にしてね。

2017-02-01_14h56_23

コントロールパネルを開いたら『エクスプローラーのオプション』をクリックしよう。

補足

表示方法をカテゴリにしている場合は『デスクトップのカスタマイズ』→『エクスプローラーのオプション』をクリックしてね。

2017-02-01_15h01_17

エクスプローラーのオプションを開いたら、上にあるタブを全般から『表示』に変えて、詳細設定の中にある『隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する』を選択しよう。

ここまで終わったら『OK』をクリックしてね。

SPONSORED LINK

最後に

何かの設定を弄るときに隠しフォルダーや隠しファイルを開かなければいけない時がある。

そういった時に表示させる方法をしっておけば、慌てる必要がなくなるよね。自分には関係ない!と言わずに、PCを使っていく上での最低限の知識として覚えておいて欲しい。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。