PDFをWord/Excelに無料で変換するサイト&フリーソフト

この記事では、PDF形式のファイルをWordやExcelのファイルに変換する方法を紹介していくね。

正確に言うとWordの形式は『docx』。Excelの形式は『xlsx』。WordやExcelは、どのバージョンを使っているかなどで形式が異なってくるから注意してね。

最新バージョンのOfficeを使っていれば何も問題ないよ。


SPONSORED LINK

Smallpdf(PDF Excel 変換)

PDF関係の変換ならSmallpdfを使え!ってくらい定番のサイトだね。

Word、Excelへの変換にも対応している。無料版だと、回数制限があるけどシークレットウィンドウや別のブラウザを使えば制限をすり抜けることが出来るよ。

以下、PDF形式のファイルをExcel(xlsx)形式のファイルに変換する方法を紹介していくね。まずは『Smallpdf(Excel)』にアクセスしよう。

アクセスしたら『ファイル選択』をクリックして欲しい。(ドラッグ&ドロップでもPDFのファイルを追加することが出来る。)

開くの画面を開いたら、Excel(xlsx)形式に変換したいファイルを選択しよう。選択したら『開く』をクリック。

ファイルを開くとアップロードが始まる。

数秒ほど待っているとアップロードと変換が終わり、Excelのファイルがダウンロード出来るようになるよ。ダウンロードするには『ファイルをダウンロード』をクリックしてね。

Google Drive、Dropboxに保存することも出来る。

Smallpdf(PDF Word 変換)

1つ前に紹介したサイトと同じ。違うのはPDFからWordに変換出来る点だけで手順は全く同じ。

以下、PDF形式のファイルをExcel(xlsx)形式のファイルに変換する方法を紹介していくね。まずは『Smallpdf(Word)』にアクセスしよう。

アクセスしたら『ファイル選択』をクリック。

クリックしたら、Word(docx)形式に変換したいファイルを選択しよう。選択したら『開く』をクリックして欲しい。

ファイルを開くとアップロードが始まる。

アップロードが終わると変換が始まる。アップロードと変換を合わせても15秒もすれば終わると思う。Excelに変換する時より若干時間がかかったね。

変換が終わるとダウンロードが出来るようになる。『ファイルをダウンロード』をクリックすると、Word(docx)形式でファイルを保存することが出来る。

PDF to DOC

PDF形式のファイルをdoc形式、docx形式のファイルに変換することが出来る。ただし、Excel(xlsx)形式に変換することは出来ない。

また、docx形式に変換したい場合は『PDF to DOCX』を利用してみてね。

以下、PDF形式のファイルをWord(doc)形式のファイルに変換する方法を紹介していくね。まずは『PDF to DOC』にアクセスしよう。

アクセスしたら『アップロード』をクリックして欲しい。

開くの画面を開いたら、Word(doc)形式に変換したいファイルを選択しよう。選択したら『開く』をクリックしてね。

ファイルを開くと自動的にアップロードと変換が終わる。『ダウンロード』をクリックすると、doc形式でファイルを保存することが出来る。

Nitro Pro

ExcelやWordを意識しているのか、この2つにデザインが良く似ている。インストールする際に言語を選択することが出来るけど、日本語表記にすることは出来ない。しょうがなく今回は英語表記で変換方法を紹介しているよ。

それとソフトが若干重いのと変換速度がお世辞にも早いとは言えない。日本語表記に出来たら積極的に使ってみようかなって気になれるんだけど細かいところが残念だね。

PDF形式のファイルをExcelやWordに変換する前に『Nitro Pro』のインストールを済ませておこう。

インストールが終わったら『Let’s Get Productive』をクリックして欲しい。

クリックすると警告画面が表示される。ここは素直に『Set Defalut Programs…』をクリックしよう。

クリックすると、メイン画面が表示されるよ。まずは、メイン画面にWordやExcelに変換したいファイルをドラッグ&ドロップで追加しよう。

追加したら、Wordに変換する場合は『To Word』。Excelに変換する場合は『To Excel』をクリックして欲しい。今回はWordに変換するからTo Wordをクリックするね。

クリックしたら小さな画面が表示されるから、1番下にある『Convert』をクリックしよう。

Convertをクリックするとメッセージ画面が表示される。ここは『Yes』を選択しよう。

Yesをクリックすると変換とダウンロードが始まるよ。

最初にもお話した通り、なぜかこのソフトは変換する時に異常に重くなるから変換が始まったら何も弄らないようにした方が良さそう。他のことをして負担をかけたら途中で変換が止まってしまうこともあるだろうからね。

Renee PDF Aide

PDF形式のファイルを、Word、Excel、Powerpoint、EPUB、Text、HTML、Image、OCRに変換することが出来る。Renee PDF Aideは変換することに特化したソフトで他の操作を行うことは出来ない。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。事前に『Renee PDF Aide』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて、PDFを次の形式に変換するの中から『Word』『Excel』を選択しよう。

選択したら『ファイル追加』をクリックしよう。(ドラッグ&ドロップでもファイルをPDF形式のファイルを追加することが出来る。)

ファイル追加をクリックしたら、WordまたはExcelに変換したいファイルを選択。選択したら『開く』をクリックしよう。

ここまで終わったら最後に『変換』をクリックして欲しい。これでPDF形式のファイルをWord、Excelの形式に変換してダウンロードすることが出来るよ。

First PDF

無料試用期間中であれば、PDF形式のファイルを自由に変換することが出来る。PDFから変換出来る形式は、Word、Excel、PDF、XML、HTML、Image、Textの7種類。

ソフト内は全て英語表記だけど、難しい英語はないし使うところは限られているから操作で困ることはないと思う。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。事前に『First PDF』のダウンロードとインストールを済ませておいてね。

インストールが終わったらソフトを起動させよう。すると、上の画像のように小さいメッセージ画面が表示されるから『Continue…』を選択して欲しい。

Buy NowとRegisterはクリックしないでね。

Continueをクリックするとトライアルバージョンが使えるようになる。メイン画面に移動したら、画面左上にある『Add from files』をクリックしよう。

クリックしたら、Word、Excelに変換したいファイルを選択して『開く』をクリックして欲しい。

変換するファイルを開いたら、画面右下にある『Convert』をクリックしよう。

Convertをクリックしたら『Continue…』を選択して欲しい。これでPDF形式のファイルをWord形式に変換して保存することが出来るよ。

デフォルトでは、Word形式に変換されるようになっているけど『Output Format』を弄れば、Excel、XML、HTMLなど他の形式が選択出来るようになるよ。Word以外の形式に変換したい場合はここを弄ってみてね。

iSkysoft PDF変換

WindowsとMacの両方に対応している。試用期間を過ぎたら製品を購入する必要があるけど、試用期間内であれば変換機能を自由に利用することが出来るよ。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。事前に『iSkysoft PDF変換』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて、最初に画面右下にある『試用』をクリックして欲しい。

クリックするとメイン画面が表示されるよ。

メイン画面が表示されたら、左上にある『PDFファイルを追加』をクリックして欲しい。(ドラッグ&ドロップでもPDFファイルを追加することが出来る。)

PDFファイルを追加をクリックしたら、Word、Excelに変換したいファイルを選択。選択したら右下にある『開く』をクリックしよう。

ファイルを開くとファイル情報が表示される。

続いて『出力フォーマット』から変換したい形式を選択しよう。Wordなら『Microsoft Word』。Excelなら『Microsoft Excel』を選択する。

ここまで終わったら『変換開始』をクリックして欲しい。これでWord、Excelのファイルに変換して保存することが出来るよ。

PDFelement 6

PDF形式のファイルをWord(doc、docx)、Excel、Powerpoint、JPG、PNG、GIF、TIFF形式に変換することが出来る。

その他にもPDFを合併させたり、注釈を挿入する機能も備えている。

今回紹介した変換ソフトの中で1番デザインが好き。操作性も群を抜いて優れていると思う。あのP&Gもこのソフトを導入しているらしい。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。事前に『PDFelement 6』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて『ファイルを開く』をクリックしよう。(ドラッグ&ドロップでもPDF形式のファイルを開くことが出来る。)

続いて、Word、Excelに変換したいファイルを選択して『開く』をクリックしよう。

変換するファイルを開いたら、画面左上にある『ファイル』をクリックしよう。

ファイルの画面を開いたら、左側にあるメニューの中から『変換』をクリックして欲しい。

変換をクリックしたら『その他』を選択しよう。(Wordに変換したい場合はWordファイルの種類から選択する。)

その他をクリックすると、いろいろな形式が表示される。今回は『Excel』を選択するね。変換したいファイルを形式を選択したら『変換』をクリックして欲しい。

最後に『保存』をクリックすると、指定した形式でファイルを保存することが出来るよ。

また『ファイルの種類』から変換したいファイル形式を選択することが出来る。なぜかこっちの方が多くの形式を選ぶことが出来るから、最初に形式を決めてしまうより最後に決めた方が良いかもしれないね。

Acrobat Pro DC

有料のソフトだけど初めて利用する人は14日間無償で利用することが出来る。体験版を使用する場合はクレジットカードを用意する必要もないよ。

それから、ダウンロードにかなりの時間がかかるから、よーし変換するぞ!って時にダウンロードするんじゃなくて、事前にダウンロードしておいた方が良さそうだよ。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。今回はダウンロード方法から紹介していくね。

まずは『Acrobat Pro DC』にアクセスして『ダウンロード』をクリックして欲しい。

ダウンロードをクリックしたら以下の項目を入力してから『Adobe IDを取得』をクリックして欲しい。既にIDを持っている場合は『ログイン』をクリックしてね。

  • 性、名
  • 性、名(フリガナ)
  • 電子メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日

IDを取得するとAcrobat Pro DCのダウンロードが始まる。ダウンロードが終わったらインストールしていこう。

インストールが終わるとAcrobat 体験版という画面が表示される。ここは『体験版の使用を開始する』を選択して欲しい。

Adobe Acrobat DCにようこその画面が表示されたら『続行』をクリックしよう。

続行をクリックすると、Adobe Acrobat DCからあなた宛てにメールが送られてくるよ。

送られてきたメールを開き、メール本文に記載されているリンクをクリックしよう。これで電子メールアドレスの確認手続きが完了する。

リンクをクリックしたら電子メールアドレスの確認の画面にある『再度確認して続行』をクリックしてね。

電子メールアドレスの確認が完了するとメイン画面が表示される。

変換したいファイルをドラッグ&ドロップで追加してから、画面左上にあるファイルをクリックしてから『名前を付けて保存』を選択しよう。

名前を付けて保存をクリックしたら、画面右下にある『別のフォルダーを選択…』をクリックして欲しい。

クリックするとPDFとして保存の画面が開く。この画面にある『ファイルの種類』の項目をクリックしてみよう。

すると、上の画像のように、Excel、Wordをはじめとした沢山のファイル形式を選択することが出来るよね。

ここから変換したい形式を選択して欲しい。ファイルの種類を選択したら『保存』をクリック。これで指定した形式でファイルを保存することが出来るよ。

Aiseesoft PDF 変換 究極

無料試用期間内(15日間)であれば無料で利用することが出来る。

PDF形式のファイルを、JPEG、TGA、BMP、GIF、PNG、TIFF、テキスト、Word、Excel、Powerpoint、リッチテキスト形式、EPUB、HTMLに変換することが出来るよ。

以下、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換する方法を紹介していくね。事前に『Aiseesoft PDF 変換 究極』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて、出力形式から『Microsoft Word』『Microsoft Excel』を選択して欲しい。

出力形式を選択したら、画面左上にある『ファイルを追加する』をクリックしよう。(ドラッグ&ドロップでもPDF形式のファイルを追加することが出来る。)

ファイルを追加するをクリックしたら、Word、Excelに変換したいファイルを選択。選択したら『開く』をクリックしよう。

出力形式の選択とファイルの追加が終わったら『開始』をクリックして欲しい。これで、PDF形式のファイルをWord、Excelに変換して保存することが出来るよ。

瞬間PDF変換9

Windows10に正式対応しているソフトであり、PDFからOffice(Word、Excel、Powerpointなど)へ高精度変換することが出来る。

また、2007以降に登場したXML形式への変換にも対応している。操作性も抜群。価格は少し高めだけど体験版があるからまずはそっちを試してから気に入ったら製品版を購入する。って感じにした方が良いね。

※体験版のダウンロードURLが届くのを待っている途中。

最後に

PDFをJPEG形式に出来るサイトなら結構あるんだけど、ExcelとかWordになると途端に数が減っちゃうんだよね。それくらい技術的に難しいことなのかな。

ソフトは制限なしで利用するなら製品版を購入する必要があるものばかりだから、頻繁に変換する人は初めから製品版を購入した方が良い気がする。

製品版を購入するなら、Flash Playerで有名なAcrobat Pro DCか、操作性に最も優れていると思われるPDFelement 6かな。この2つのどちらかを使っておけば、他のソフトを購入すれば良かった。と後悔することはないはず。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。