MastodonのトゥートをMastodon EmbedのプラグインでWordPressに埋め込む方法

MastodonにはTwitterやFacebookのようにトゥートを埋め込む機能が存在しない。

サイトを運営している側からするとあれば便利な機能なんだけどね。じゃあ、Mastodonのトゥートを埋め込むのは諦めた方が良いのか?と言われればそうではない。

WordPress限定になるけど、Mastodonのトゥートを埋め込むプラグインが登場しているよ。今回の記事では、プラグインをダウンロード、インストールする方法、そしてトゥートを埋め込む方法を詳しく紹介していくね。


SPONSORED LINK

Mastodon Embedのプラグインのダウンロードとインストール

まずは『Mastodon Embed』にアクセスしよう。

アクセスしたら、画面右上にある『Download』をクリックして欲しい。

ダウンロードしたファイル『embed-mastodon.1.3.zip』は絶対に解凍しないで欲しい。解凍したらWordPressでプラグインのインストールが出来なくなってしまうからね。

プラグインのファイルをダウンロードしたら、WordPressにログインして左側にあるメニューから『プラグイン』を選択しよう。(電源コンセントのアイコン)

プラグインの画面を開いたら『新規追加』をクリックしよう。

プラグインを追加の画面を開いたら『プラグインのアップロード』をクリックしよう。

続いて『ファイルを選択』をクリックして欲しい。

ファイルを選択の画面を開いたら、先ほどダウンロードしたファイル『embed-mastodon.1.3.zip』を選択してから、右下にある『開く』をクリックしよう。

プラグインのファイルをアップロードしたら『今すぐインストール』をクリクして欲しい。

すると『アップロードしたファイル embed-mastodon.1.3.zipからプラグインをインストールしています』というメッセージ画面が表示される。

ここでは『プラグインを有効化』をクリックして欲しい。これでMastodonのトゥートを埋め込むためのプラグインをインストールすることが出来たよ。

Mastodonのトゥートを
Mastodon EmbedのプラグインでWordPressに埋め込む方法

プラグインをインストールしたら、早速Mastodonのトゥートを埋め込んでみよう。トゥートを埋め込むには以下のタグを使って欲しい。間違えて必要なところをタグで消したりしないように注意しよう。

トゥートを埋め込むためのタグ

[mastodon url=”トゥートのURL“][/mastodon]

 

実際にこのタグを使ってトゥートを埋め込むこんな感じ。また、以下のように縦の長さを指定してトゥートを埋め込むことも出来るよ。

 

縦の長さを指定するタグ

[mastodon url=”トゥートのURL” height=”トゥートの高さ][/mastodon]

埋め込みはこんな感じで、プラグインを使えばある程度自由に行うことが出来るけど、Twitterのように埋め込んだトゥートに枠がないため見栄えがとても悪い。

ほとんどのサイトの背景は白だと思うんだけど、これだと背景と埋め込んだトゥートの境界線がどこなのか分からくなっちゃうよね。完成はとてもじゃないけど高いとは言えない。とりあえずその場しのぎで埋め込んでる感じだね。

また、トゥートをするボタンがないのも気になるね。

 

これが今回プラグインで埋め込んだMastodonのトゥート。

 

これがTwitterに標準装備されている埋め込み機能。

 

完成度が違いすぎる・・・。

最後に

確かに今回紹介したMastodon Embedは凄く便利なんだけど、埋め込みくらいでプラグインを使いたくないというのが正直な感想。それでも現時点では、必要な時が来たらこのプラグインを使うしかないんだけどね。

本当なら、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSみたいに、プラグインなどを使わなくても標準の機能でトゥートの埋め込みが出来るようになれば最高なんだけど今のところそういう動きはなさそうだね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。