【完全版】PDFからJPEGに変換する無料サイト&フリーソフト

PDF形式ではなくJPEG形式でファイルを保管しておきたい。と思ったことはないだろうか?

PDFは文書を保存するのに定番の拡張子ではあるけど、専用のソフトを使わないと開くことが出来なかったり、いざ編集するとなると色々不便だったりすることがあるんだよね。

そこで今回の記事では、PDF形式のファイルをJPEG形式のファイルに変換する方法を紹介していくね。全て無料で実践出来る方法だから自分に合ったものを見つけ出して欲しい。


SPONSORED LINK

PrintScreenとペイントを使用する

ペイントの開き方については以下の記事を参考にして欲しい。

Windows10で電卓、ペイント、メモ帳を開く方法と表示方法

PrintScreenを使って画像をスクリーンショットしたら、ペイントを開き『Ctrl+V』などで貼り付けをして欲しい。画像を貼り付けたら、ペイント画面左上にある『ファイル』をクリックしよう。

ファイルをクリックしたら『名前を付けて保存』を選択。

続いて『JPEG 画像』を選択しよう。

後は保存する場所を選択、ファイルを決めたら画面右下にある『保存』をクリックしよう。これでスクリーンショットした画像をJPEG形式で保存することが出来る。PDFからJPEGに変換する方法ではないけど、覚えておいて損はないと思う。

SPONSORED LINK

Adobe Acrobat Readerを使用する

Adobe社が提供しているPDFの編集ソフトAcrobat Readerを使ってPDFをJPEG形式に変換する方法を紹介していくね。

以下のリンクからAdobe Acrobat Readerをインストールしよう。

 Adobe Acrobat Reader DCのインストール

Acrobat Readerを開いたら、画面左上にある『編集』をクリックしよう。

編集をクリックしたら『スナップショット』を選択しよう。

スナップショットを選択すると範囲の選択が出来るようになる。選択した部分はクリップボードに保存されるよ。

スナップショットが終わったら、ペイントを開いてクリップボードに保存した画像を貼り付けよう。(Ctrl+Vか左上にある貼り付けをクリックする。)

貼り付けが終わったら、ペイント画面左上にある『ファイル』を選択して欲しい。

ファイルを開いたら『名前を付けて保存』を選択しよう。

名前を付けて保存を選択したら『JPEG 画像』をクリックして欲しい。

後は保存する場所をクリックして選択し、ファイル名を決めたら『保存』をクリックしよう。

これでJPEG形式でファイルを保存することが出来る。Acrobat Readerとペイントの2つのソフトを使わなきゃ出来ない方法だから、変換するだけで毎回この作業をするのは面倒かも。

SPONSORED LINK

PDF Burger

PDF形式のファイルをJPEG形式のファイルに変換出来るサイト。

会員サイトだけど会員登録しなくても変換機能を使うことが出来る。もちろん料金は一切発生しないから安心して欲しい。海外サイトだけど、無駄な広告が一切設定されていないから安全性は極めて高いと思う。

以下、変換方法を紹介していくね。まずは『PDF Burger』にアクセスしよう。

アクセスしたら『+Select files…』をクリックしよう。

開くの画面を開いたら、JPEG形式に変換したいファイルを選択してから『開く』をクリックして欲しい。

Convert files to PDFの画面に進んだら『Start!』をクリックしよう。(この画面で+Add filesをクリックすると、PDFのファイルを追加することが出来る。)

Start!をクリックすると変換が始まる。

変換が完了したら『Downlaod』をクリックしよう。

最後に『Download anyway』をクリックすると、PDF形式でファイルをダウンロードすることが出来る。間違ってもSign Upはクリックしないようにね。

SPONSORED LINK

Smallpdf PDFJPEG変換

何度も使ってて初めて分かったことなんだけど、無料版は制限があるみたいだね。制限を超えてしまうと30分以上待たないと次の変換をすることが出来ないという。

無制限に変換したいなら有料版のSmallpdf ProまたはSmallpdf Businessを使いやがれ!ってことらしい。これに関しては、無料で使わせてもらってるからしょうがない部分があるよね。

あまりおススメはしないけど、別のブラウザを使ったり、シークレットウィンドウを使用することで制限を突破することが出来る。

以下、変換方法を紹介していくね。まずは『Smallpdf PDFJPEG変換』にアクセスしよう。

アクセスしたら『ファイル選択』をクリックしよう。(ドラッグ&ドロップでもファイルを追加することが出来る。)

ファイル選択をクリックしたら、JPEG形式に変換したいファイルを選択してから『開く』をクリックしよう。

開くをクリックすると『アップロード中』と表示される。アップロードが終わるまで少しの間待機しよう。

変換が終わるとアップロードしたファイル名が表示されるよ。『一個のイメージを抽出』『ページ全体を抽出』か好きな方を選択しよう。

選択したら『オプションの選択→』をクリックして欲しい。

PDFを処理中。

処理が完了したら『ZIPファイルとしてダウンロード』をクリックしよう。解凍する手間があるのも難点だね。操作性は凄く良いんだけど、制限があったりで不自由さを感じる。

SPONSORED LINK

I♡PDF

PDF形式のファイルをJPEG形式に変換出来る無料サイト。Google Drive、Dropboxからファイルを引っ張ってきて変換することも可能。普通に使いやすい。

以下、変換方法を紹介していくね。まずは『I♡PDF』にアクセスしよう。

アクセスしたら『PDFファイルを選択』をクリックしよう。

クリックしたら、JPEG形式に変換したいファイルを選択して、右下にある『開く』をクリックしよう。

ファイルをアップロードしたら『JPGに変換』をクリックして欲しい。『ページ全体をJPGへ』『画像抽出』は好きな方を選択してね。

PDFからJPGへ変換中。

PDFがJPG画像に変換されました。というメッセージ画面が表示されたら『JPG画像のダウンロード』をクリックして欲しい。これで、JPEG形式(JPG)でファイルをダウンロードすることが出来るよ。

SPONSORED LINK

Convert PDF to JPG Online

とにかく変換速度めちゃくちゃ遅い。

他の変換サイトで一瞬で出来たことがこのサイトだと数十分くらいかかるんだけど、本当にどうなってるの?ってレベル。海外のサイトだし特別使いやすい。って訳でもないからこんなサイトがあるんだ。程度に思ってくれればOKだよ。

以下、変換方法を紹介していくね。まずは『Convert PDF to JPG Online』にアクセスしよう。

アクセスしたら『Choose a PDF file』をクリック。

開くの画面を開いたら、JPEG形式に変換したいファイルを選択してから『開く』をクリックしよう。

PDF形式のファイルをアップロードしたら『Convert PDF to JPG』をクリックして欲しい。

暫く待っていると変換が完了する。かなり時間がかかることもあるから時間に余裕がない時はおススメ出来ないサイト。

SPONSORED LINK

PDF-XChange Viewer

無料のPDFビューワー。

JPEGだけでなく、BMP、PNG、TIFF、GIF、JNGなどの画像ファイルに変換することが出来る。機能がありすぎてどこをどうしたら良いのか分かりにくいのが難点かな。

以下、変換方法を詳しく紹介していくね。事前に『PDF-XChange Viewer』のダウンロードとインストールを済ませておこう。インストールする時は必ず『Free = 体験版』を選択しよう。

インストールが終わったらソフトを起動させよう。起動させたら灰色の領域にPDF形式のファイルをドラッグ&ドロップを使ってアップロードして欲しい。

アップロードしたら、画面左上にある『ファイル』をクリックしよう。

ファイルをクリックしたら『エクスポート』→『イメージへエクスポート』と選択していこう。

イメージへエクスポートの画面を開いたら、イメージの種類から『JPEG』を選択。選択したら『エクスポート』をクリックして欲しい。

これでPDF形式のファイルをJPEG形式で保存することが出来るよ。

デフォルトの保存先はドキュメントフォルダーが指定されているから、分かりやすく『デスクトップ』に変更しておくことをおススメする。

SPONSORED LINK

CubePDF

無料のPDF作成ソフト。印刷するのと同じ感覚でデータの書き出しを行うことが出来る。結構特殊なソフトだと思う。

以下、変換方法を詳しく紹介していくね。事前に『CubePDF』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて、GoogleChrome、Microsoft Edgeなどのブラウザ画面にJPEG形式に変換したいファイルをドラッグ&ドロップで追加して欲しい。

追加したら、ブラウザ画面右上にある『印刷のアイコン』をクリックしよう。

印刷の画面を開いたら『変更』をクリックして欲しい。

変更の画面を開いたら、ローカルの送信先から『CubePDF』を選択しよう。

CubePDFを選択したら『印刷』をクリックして欲しい。

後はファイルタイプを『JPEG』にして『変換』をクリックするだけ。保存先を変更した場合は『出力ファイル』を弄っていこう。

SPONSORED LINK

Renee PDF Aide

Renee PDF Aideは、PDF形式のファイルをWord、Excel、PowerPoint、EPUB、HTML、OCRなどの形式に変換することが出来るフリーソフト。

以下、変換方法を詳しく紹介していくね。事前に『Renee PDF Aide』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて『PDFを次の形式に変換する』の中から『Image』を選択しよう。

Imageを選択したら『変換』をクリックして欲しい。変換が完了すると『C:\Users\あなたのユーザー名\Documents』の場所にJPEG形式で保存される。

SPONSORED LINK

4Videosoft フリー PDF JPEG

PDF形式のファイルをJPEGなどあらゆる形式に変換することが出来る。

難点はファイルをドラッグ&ドロップでファイルを追加することが出来ないことくらいかな。後は特別使いにくい。と感じた部分はなかった。

以下、変換方法を詳しく紹介していくね。事前に『4Videosoft フリー PDF JPEG』のダウンロードとインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて『+ファイルを追加する』からPDF形式のファイルをアップロードしよう。

ファイルを追加したら、出力形式が『JPEG(*jpg)』になっていることを確認してから『PDF』をクリックしよう。

変換が完了すると『C:\Users\Takuma\Documents\4Videosoft Studio\4Videosoft Free PDF to JPEG Converter』にJPEG形式でファイルが保存されるよ。

SPONSORED LINK

Aiseesoft PDF 変換 究極

無料試用期間を過ぎると変換機能が使えなくなってしまうから、インストールしてから何もしないで、無料試用期間が終わるまで放置とか勿体ないことするのはやめてね。インストールしたらどんな感じで変換出来るのか実際に試してみよう。

以下、変換方法を詳しく紹介していくね。事前に『Aiseesoft PDF 変換 究極』のダウンロード(ダウンロードは『無料試用』から。)とインストールを済ませておこう。

インストールが終わったらソフトを起動させて『ファイルを追加する』からPDF形式のファイルをアップロードしよう。

ファイルを追加したら、出力形式が『JPEG(*jpg)』になっていることを確認してから『開始』をクリックして欲しい。

変換が終わると『C:\Users\あなたのユーザー名\Documents\Aiseesoft Studio\Aiseesoft PDF Converter Ultimate』にJPEG形式でファイルが保存されるよ。

SPONSORED LINK

最後に

今回紹介したサイトやソフトは全て無料で利用出来るし、JPEG形式に変換するだけなら複雑な操作は一切ないから安心して利用出来ると思う。

ただ変換するだけならフリーソフトよりサイトを使った方が早いかも。毎日のように変換することがあるようならソフトをインストールした方が絶対良いけどね。変換したい。と思った時に毎回のようにサイトにアクセスするのは時間が勿体ないからね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。