ClipGrabの使い方と安全性(インストールと動画のダウンロード方法)

今回は、YouTubeやDailymotionなどの動画を簡単にダウンロード出来る、CripGrabの使い方を詳しく紹介していくよ。

公式サイトは英語表記だけど、ソフトは日本語表記だから初めてフリーソフトを使って動画をダウンロードする人でも比較的馴染みやすいと思う。


SPONSORED LINK

ダウンロード可能な動画サイト

ダウンロード可能な動画サイトは以下の通り。公式サイトで発表されているものだけだから、他のサイトも試してみればダウンロード出来るかもね。

 YouTube Vimeo Youku
Dailymotion Metacafe MySpass.de
MyVideo   Clipfish.de  –

インストール方法

インストールするにはまず『こちら』にアクセスしよう。

2016-12-23_10h40_34

アクセスしたら『Free Download!』のボタンをクリックしよう。クリックすると、寄付を要求する画面が表示されるけど、お金を払わなくてもダウンロードすることは出来るよ。

2016-12-23_10h54_24

ダウンロードが終わったら『clipgrab-3.6.2-cgorg.exe』のファイルをダブルクリックしよう。バージョンは最新版であれば何でもOKだからね。

2016-12-23_10h56_26

ユーザーアカウント制御のウィンドウが表示されたら『はい』を選択しよう。

2016-12-23_11h03_28

セットアップウィザードの開始画面が表示されたら『次へ』を選択しよう。

2016-12-23_11h05_26

使用許諾契約書の同意の画面では、必ず『同意する』を選択してから『次へ』をクリックしてね。

2016-12-23_11h07_42

この画面ではインストール先を指定出来るけど、変更せずに『次へ』を選択しよう。PCに詳しい人は変えても良いけど、そんな人はこの記事を見ていないだろうしな。

2016-12-23_11h11_36

追加ソフトウェアのインストール画面では『ByteFence』をインストールするか選択することが出来る。

デフォルトではインストールする設定になっているけど、インストールしなくても、CribGrabのインストールを進めることが出来るよ。

いらない人はクリックしてチェックマークを外してから『次へ』を選択しよう。

2016-12-23_11h14_47

ここでは確認する項目はないからそのまま『インストール』を選択しよう。3~5秒程度でインストールが完了するからクリックしたら少しそのまま待機してね。

2016-12-23_11h17_45

セットアップウィザードの完了画面に進んだら『完了』をクリックしよう。

この時『ClipGrabを実行する』にチェックマークをいれておけば、そのままソフトを起動させることが出来るよ。続けて動画のダウンロードをしたい人は、チェックマークは必須だね。

基本的な使い方(動画のダウンロード方法)

CripGrabでダウンロードする方法は2種類あるよ。

1つ目はCripGrabに搭載されている検索機能を使って、動画を探してそこからURLを抽出してダウンロードする方法。ただしYouTubeの動画しか検索できない欠点がある。

じゃあ、他のサイトの動画はどうやってダウンロードすれば良いの?って話なんだけど、これが2つ目の方法で、動画のURLを貼り付けてダウンロードすることが出来るんだよね。

ということで、YouTubeの動画をダウンロードするなら1つ目の方法。それ以外のサイトなら2つ目の方法を利用していこう。

こっから先はどうやってダウンロードするのか、画像を使いながら詳しく解説していくからね。

2016-12-23_11h42_59

CripGrab起動させたら上部にある『ダウンロード』のタブをクリックしてから、ダウンロードしたい動画のURL入力欄に貼り付けよう。

後は『ダウンロードする!』をクリックするだけで、ダウンロードをスタートさせることが出来るからね。

また、CripGrabはダウンロードする際に『フォーマット』『画質』の設定が出来るよ。

フォーマットは、original、mp4、wmv、ogg theora、mp3、ogg vorbis(audio only)、original(audio only)の7種類の中から選択出来る。

特別な理由がない限り、動画をダウンロードする場合は『mp4』、音声のみ抜き取りたい場合は『mp3』を選ぶようにしよう。

画質は今回の場合、1080pが最大値になっているけど、4K動画の場合は『4K(2160p)』という項目が現れるからね。

保存先について

俺の場合デフォルトの保存先は『C:\Users\あなたの名前\Desktop』になっているんだけど、これは自分で変更した後っぽいね。デフォルトの保存先がどこだったかちょっと思い出せないけど、保存先はいつでも自由に変更することが出来るから安心してね。

2016-12-23_11h57_48

上の画像を見て欲しい。薄い赤色の枠で囲われた部分は自分で弄れるところね。そして、保存先を変更するには『設定』→『ダウンロード』とクリックしていこう。

単純に保存先を変更するだけなら『選択…』をクリックして、新しい保存先を選択するだけだから凄く簡単だと思う。

保存先を変えるのが面倒な人は『常に最後に使用した場所に保存する。』にチェックマークを入れておくと、余計な手間が省けるからおすすめだね。

CripGrabは保存先を指定しても、ダウンロードする時に毎回保存場所を尋ねられるから、わざわざ保存先を指定しなくても良さそうな気がしたよ。

危険性はないのか?

実際に使ってみてCripGrabには全く危険性が感じられなかった。凄く安全なダウンローダーだと思う。ダウンローダー内には広告が1つも設置されていないしな。

また、インストールする際に別のソフトをインストールするかどうか選択する場面があるけど、インストールしなくてもCripGrabを使うことが出来るから、嫌ならインストールしなきゃいいだけのことだからね。

公式サイトは英語表記だけど、日本語翻訳を使えば問題なく読み取れるレベル。サイトが英語表記で、ソフトが日本語表記なのは謎だけどね(笑)

CripGrabには有料版というものがなく、すべて無料で利用出来るんだけど、今後もCripGrabを使っていくなら、存続のために積極的に寄付をした方が良いかなとは思う。

最後に

1080pや4Kの動画を無料でダウンロード出来るのが売りの1つなんだろうけど、それなら4Kや8Kの動画もダウンロード出来る、4K Video Downloaderでも出来ることだから、これだけでCribGrabを使う理由にはならないんだよな。

しかも、ClipGrabでダウンロード出来て、4K Video Downloaderでダウンロード出来ない動画サイトはほとんどないからね。

決して悪くないダウンローダーなんだけど、今の時代だと機能面でちょっと物足りない感が否めないね。CribGrabにしか出来ない何かが欲しいところ。

CripCrabのデザインが気に入った人であれば使ってみるのも良いんじゃないかな~。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。