Windows10で起動時にアプリ(プログラム)を自動起動させる方法【スタートアップ】

Windows10を使っていて、こんなアプリ(プログラム)を起動時に自動で起動出来たら良いのにな~と思ったことはないかな?

例えばPCを起動したら、Google ChromeとかFirefoxとかMicrosoft Edgeのブラウザは必ずと言っていいほど開くと思うんだけど、絶対開くのが決まってるのに、毎回クリックして開くのは時間が勿体ないし、何より面倒だよね・・・。

そこで、今回は自分の好きなアプリをスタートアップに登録して、そのアプリをPC起動時に自動起動させる方法を紹介していくよ。


SPONSORED LINK

アプリをスタートアップに登録する方法

2017-01-31_14h42_09

今回はMikuMikuDance(通称MMD)をスタートアップに追加していくよ。上の画像のように、スタートアップしたいアプリは、事前にデスクトップにショートカットを作成しておいてね。

2017-01-31_14h57_59

ショートカットを作成する方法は簡単。作成したいアプリの『exeファイル』を選択して右クリックから『ショートカットの作成』をクリックすると、その場所にショートカットが作成される。

ショートカットは元のファイルではないから、これを削除してもアプリ自体が消えたり、動作が不安定になることはないから、間違えて作成したショートカットはどんどん削除していこう。

2017-01-31_14h48_13

次にWindowsのアイコンの上で右クリックしてメニューを開こう。このメニューは、キーボードの『Windowsのロゴキー』+『X』を押して表示させることも出来るよ。

2017-01-31_14h46_07

次に開いたメニューの中にある『ファイル名を指定して実行』をクリックしよう。

補足

ファイル名を指定して実行の画面は『Windowsのロゴキー』+『R』を押して開くことも出来るよ。ショートカットキーに慣れている人ならこっちの方が簡単かな。

2017-01-31_14h53_03

ファイル名を指定して実行の画面を開いたら、名前の欄に『shell:startup』を入力してから『OK』をクリックしよう。

2017-01-31_14h54_46

すると、スタートアップのフォルダーが開かれるから、ここに自動起動したいアプリのショートカットをコピーしよう。

2017-01-31_15h01_47

コピーするとこんな感じ。既にTokyoLoaderとボリューマーが入ってるけど、これは気にしないでね。作業自体はこれで終わり。後はPCを再起動させて、本当にアプリが自動で起動するのか確かめてみよう。

自動で起動しなかったら、スタートアップに追加するファイルが間違っているか、そもそもファイルをスタートアップのフォルダーに追加していないか、のどちらかだと思うよ。この辺を今一度確かめてみてね。

補足

スタートアップのフォルダーは『C:\Users\Takuma\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup』と辿っていけば表示させることが出来るよ。ファイル名を指定して実行する時の文字列を忘れてしまった場合は、こちらのやり方が良さそうだね。

最後に

PC関係の仕事をしている人なら、スタートアップを活用しない手はない。最初にも言ったけどブラウザとか、いつも使うソフト(画像編集ソフト、動画編集ソフト、文章作成ソフト)をスタートアップに追加することで、ソフトを開く手間が省けるからね。

一度だけなら数秒程度の短縮にしかならないけど、これが365日とかになったらバカにならない時間になるよね。たかが数秒程度と言わずに、是非スタートアップを活用してみて欲しい。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。