Windows10でユーザーアカウントの種類を変更する方法

Windows10ではユーザーアカウントの種類に管理者と標準ユーザーが用意されている。

新しく作るアカウントは、自分で種類を変更しない限り全て標準ユーザーに振り分けられる。でも、極まれに管理者アカウントでないと開けないフォルダーやファイルがあるよね。

そこで今回は、このアカウントで管理者権限を与えたい!と思っている人に向けて、アカウントの種類を変更する方法を詳しく紹介していくよ。種類を変更するだけなら、めちゃくちゃ簡単だからこの機会に覚えておこう。

管理者と標準ユーザー

標準アカウントは、ほとんどのソフトウェアと使うことができ、システム設定のうちで他のユーザーやこのPCのセキュリティに影響しない項目を変更できます。

管理者は、PC全体を管理します、すべての設定を変更でき、PCに保存されているすべてのファイルとプログラムにアクセスすることができます。


SPONSORED LINK

アカウントの種類を変更する方法

最初に、設定の画面からユーザーアカウントの種類を標準ユーザーから管理者に変更していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックして、スタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『アカウント』を選択しよう。

アカウントの画面を開いたら、左のメニューから『家族とその他のユーザー』を選択して、他のユーザーの項目から、種類を変更したいアカウントを選択しよう。選択したら『アカウントの種類の変更』をクリックしてね。

アカウントの種類の変更画面を開いたら、標準ユーザーの部分をクリックしよう。

すると、管理者と標準ユーザーが選択出来るようになるね。今回は『管理者』を選択する。アカウントの種類を選択したら『OK』をクリックしよう。

たったこれだけでアカウントの種類の変更が完了する。

標準ユーザーだと、ユーザーアカウント名の下に、ローカルアカウントならローカルアカウントとしか表示されていなかったけど、管理者に変更すると、管理者の文字が表記される。分かりやすいね。

コントロールパネルからアカウントの種類を変更する方法

続いて、コントロールパネルからアカウントの種類を変更する方法を紹介していくよ。

コントロールパネルの開き方が分からない!という人は、以下の記事を参考にして欲しい。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

コントロールパネルを開いたら『ユーザーアカウント』を選択しよう。表示方法をカテゴリにしている場合も、同じくユーザーアカウントを選択して欲しい。

ユーザーアカウントの画面を開いたら『別のアカウントの管理』をクリックしよう。右側に表示されているアカウントが、既に種類を変更したいものになっている場合は、すぐに『アカウントの種類の変更』をクリックして構わないよ。

変更するユーザーを選択してください、という表示が出てくるから、これから種類を変更したいアカウントを選択しよう。

これでアカウントの切り替えが完了。改めて『アカウントの種類の変更』をクリックしよう。

ちなみに、先ほどアカウントの種類を標準ユーザーから管理者に変えたから、ユーザーアカウント名の下の部分に『Administator』という表記があるのが分かると思う。これが管理者である印だね。

アカウントの種類の変更画面に進んだら、標準か管理者か選択して『アカウントの種類の変更』をクリックしよう。ここでは『標準』を選択していくね。

これでアカウントの種類の変更は完了だよ。

今回は管理者から標準ユーザーに変更したから、ユーザーアカウント名の下に表記されていた『Administator』の文字が綺麗さっぱり消えてるね。

最後に

セキュリティ面を考慮して極力アカウントの種類は標準ユーザーにしておくのが良い。

コントロールパネルからアカウントの種類を変更する時に、わざわざ標準アカウントを推奨する理由というテキストリンクを表示させてるくらいだから、意味もなく管理者アカウントにしないで欲しい。という開発者側からの願いなんだろうね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。