Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法

システム修復ディスクを作成すると、それを使用してPC起動したり、重大なエラーが起きた時にWindowsを回復出来たり、システムイメージからPCの復元を行うことが出来る。いざという時に助けてくれるツールって訳だね。

ほとんどの人がシステム修復ディスクを作成していないと思うけど、どんなに丁寧にPCを使っていていても不具合は起きる時は起きるからね。油断は出来ないよ。

今回は、システム修復ディスクを作成する方法をどこよりも詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

Windows10でシステム修復ディスクを作成する方法

IMG_1201

PC上で操作を進める前に、空のディスク(CD、DVD、Blu-rayディスクなど)をPCに挿入しよう。

IMG_1202

こんな感じでね。空のディスクを挿入したら、PC上で操作を進めていこう。

Windowsのアイコンの上で右クリックしてメニューを開き『ファイル名を指定して実行』を選択するか『Windowsのロゴキー』+『R』を押して、ファイル名を指定して実行の画面を開いてみよう。

次に、名前の欄に『sdclt』と入力してから『OK』をクリックするか『Enter』を押して欲しい。

すると『バックアップと復元(Windows7)』の画面を開くことが出来るよ。この画面を開いたら、左のメニューにある『システム修復ディスクの作成』をクリックしよう。

補足

コントロールパネルから『バックアップと復元(Windows7)』を選択しても開くことが出来る。表示方法をカテゴリにしている場合は『システムとセキュリティ』→『バックアップと復元(Windows7)』とクリックしていこう。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

システム修復ディスクの作成画面を開いたら『ドライブ』が正しく選択されているか確認しておこう。最初から適切なものを選択してくれているから基本は弄る必要なし。

ドライブを確認したら『ディスクの作成』をクリックしよう。(必ず空のディスクをPCのドライブに挿入してからクリックすること。)

システム修復ディスクの作成が始まるから暫く待機しよう。(10~15分くらい)

システム修復ディスクの作成が終わると、小さなメッセージ画面が表示されるよ。ここは『閉じる』をクリックしておこう。

システム修復ディスクの作成画面も『OK』をクリックして閉じてしまおう。

ドライブの名前を見てみると『修復ディスク』という名前に書き換えられる。357MBしか使わないのはびっくり。これならわざわざ数GB消費する回復ドライブを作成しないで修復ディスクの方が経済的かも。

SPONSORED LINK

最後に

PCが起動しなくなった。などの不具合が起きたら、今回紹介したシステム修復ディスクか回復ドライブを使えば起動させることが出来る。(無理なこともある。)

どちらが手軽かと言われれば、間違いなくシステム修復ディスクの方だと断言出来るよ。

回復ドライブは作成に1時間前後かかるけど、システム修復ディスクは15分程度。システム修復ディスクなら、空のCDディスクがあれば作れるからUSBメモリをわざわざ購入する必要もないし。

Amazonだと、CD-Rが10枚で350円程度、USBメモリは8GBで800円前後。

どちらが良いかは明白だね。だけど、持ち運びのことを考えたらUSBメモリの方が良いかもしれないね。最近ではドライブがないPCもあるし。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。