RealPlayer(RealTimes)の使い方と危険性|ダウンロード出来ない、音が出ない、再生できない時の対処法

10年くらい前かな~、それくらいまでは現役としてバリバリで使えたダウンローダーだった。

だけど、今ではRealPlayerを上回る(使いやすさの面で)ダウンローダーがいくつか出てきているから、わざわざこのソフトを使う必要はなくなった気がするね。

とはいえ、現在進行形で進化し続けているダウンローダーとして、RealPlayerでは一体どんなことが出来るのか?使い方を詳しく紹介していく。

また、RealPlayerはダウンロード出来なくなったり、再生出来なかったり、音が出なくなる不具合が多発しているみたいだから、その辺の対処法も解説していくよ~。


SPONSORED LINK

対応している動画サイト

公式サイトのよくある質問ページには『ほとんどの一般的な動画共有サイトから、動画をダウンロードできます。』と記載されている。

このことから、大手の動画サイトは当然のこと、マイナーなサイトの動画でもダウンロード出来る場合が多いと考えて良いだろうね。

対応している動画サイトを一覧で公開している訳じゃないから、ダウンロード出来るかどうかは実際に試してみる必要がある。

だけど、実際に俺が試してみたところ。YouTubeやニコニコ動画といった大手の動画サイトは問題なくダウンロード出来たから安心して欲しい。

ただし、テレビ番組はダウンロード出来ないから注意してね。(番組関連のコマーシャルはダウンロード可)

対応しているOSとかデバイスとか

まずはどのOSで利用できるのか事前に確認しておこう。

Windows XP Windows Vista
Windows 7 Windows 8
Windows 10 Mac
スマホ
(iPhone&Android)
タブレット

Windows7以前のOSでRealPlayerを利用する場合は、RealPlayer(RealTimes)ではなく、RealPlayer Classicを利用しよう。少し機能は劣るけど、動画のダウンロード、ブックマーク、変換、転送は問題なく出来るからね。

インストール方法

ここからは、RealPlayerのインストール方法を解説していくよ~。まずは『新しい RealPlayer(RealTimes)公式サイト』にアクセスしよう。

2016-12-19_13h50_21

アクセスしたら『無料ダウンロード』をクリックしよう。

2016-12-19_13h52_52

通常は無料ダウンロードをクリックすれば、ダウンロードが始まるんだけど、始まらない場合は『こちらをクリック』をクリックして手動でダウンロードしてみよう。

2016-12-19_13h54_58

ダウンロードが終わったら『RealTimes-RealPlayer_ja.exe』のファイルをダブルクリックしよう。

2016-12-19_13h57_52

ユーザーアカウント制御のウィンドウが表示されたら『はい』を選択しよう。

2016-12-19_14h01_09

続いて右下の『次へ』をクリックしないで、左下にある『オプション』を選択しよう。

2016-12-19_14h02_27

オプションを開くと、上の画像の画面になったはず。赤く囲んだところは全て弄ることが出来る項目。

まずインストールの場所なんだけど、これは弄る必要がない。というより下手に弄ると訳が分からないことになるから、手を付けないで欲しい。チェックマークも2つとも付けたままにしておいてね。

続いて1クリックでお気に入りの動画をダウンロードの項目は、これからRealPlayerでダウンロードしていこうと考えている人は、チェックマークを外す必要はない。

最後に既定のメディアプレイヤーに設定。これはチェックマークを外しておくことをおすすめする。

これを付けっぱなしにしておくと、関連付けされていない動画や画像が、次回以降からRealPlayerで開くようになってしまう。

俺はRealPlayerで動画や画像を管理したくないし、動画や画像を管理するならもっと良いフリーソフトもあるしな。

ここまで確認出来たら『次へ』をクリックしよう。

2016-12-19_14h10_49

次へをクリックすると、Nortonをインストールするかどうか選択する画面に進めるよ。

Nortonは有名なウイルス対策ソフトだけど、30日間過ぎたら使えなくなってしまうし、大体の人が既に代わりのウイルス対策ソフトをインストールしてると思うから、特別な事情がない限り、チェックマークを外してインストールしないようにしておこう。

チェックマークを外したら『同意をして続行をする』をクリックしよう。

2016-12-19_14h16_12

するとインストールが始まるから、青いゲージが100%になるまで待機しよう。

2016-12-19_14h17_38

インストールが終わると『完了しました。RealPlayer with RealTimesが完全にインストールされました』というメッセージが表示されるよ。

このままRealPlayerを利用する場合は『RealPlayerを起動する』をクリックしよう。

動画をダウンロードする方法

ここからは、実際にインストールが完了してから動画をダウンロードするまでのやり方を解説していく。

2016-12-19_14h23_16

RealPlayerを起動させると『アカウントの作成』の画面が表示されると思う。

なんだよ。アカウント作成しなきゃだめなのかよ!と思ったかもしれないけど、一旦ここはスルーして右下にある『今は行わない』をクリックして先に進もう。

2016-12-19_14h26_46

監視フォルダを設定する画面に進んだら、とりあえずここも全てスルーして『利用を開始する』をクリックしよう。

ちなみに、この画面ではRealPlayerに読み込ませる画像、動画、音楽のフォルダが指定出来るよ~。動画をダウンロードするだけなら無関係な項目だね。

2016-12-19_14h36_51

RealPlayerのホーム画面に移動したら、右上の検索ボックスにダウンロードしたい動画のキーワードを入力してみよう。

ただし、この検索エンジンは正直使い物にならない。例えば『ヒカキン(HIKAKIN)』と検索しても、あの大物YouTuberの動画は1つもヒットしないからね。

もうちょっとましな検索エンジンは搭載出来なかったものなのか・・・。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

今回は適当にYouTubeの動画を検索してみたよ。ダウンロードする場合は、再生画面右上にマウスカーソルを合わせると、専用のダウンロードボタンが出現するからね。

ここまで来たら、後は『このビデオをダウンロード』をクリックするだけ。また、右クリックから『このビデオをダウンロード』を選択しても、同じようにダウンロード出来るからね。

2016-12-19_14h53_01

動画のダウンロードを始めると『RealDownloader』のウィンドウが表示されるから、後は終わるのを待つだけだね。

とまあ、RealPlayerから素直に動画をダウンロードしようとすると、これだけの手間と不便さがある訳で・・・この方法でダウンロードすることは絶対的におすすめできないよ。

動画をダウンロードする方法(基本はこのやり方で)

さっき紹介したダウンロード方法とは違い、今回紹介する方法はサクサクダウンロード出来るから、基本はこのやり方でダウンロードしていこう。

まずはダウンロードしたい動画のページにアクセスしよう。

2016-12-19_14h57_04

今回はYouTubeの動画をダウンロードしていく。再生画面に進んだら、ブラウザの最上部の真ん中辺りに、上の画像のようにRealPlayerのロゴが出現しているはず。

ロゴがない場合は、ちらっとそれらしきものが見えるからそこにマウスカーソルを合わせてね。

2016-12-19_15h05_46

クリックすると『このビデオをダウンロード』というウィンドウが表示されるから『このビデオをダウンロード』のボタンをクリックしよう。こでダウンロードが始まる。

また、ダウンロードオプションはデフォルトでは『最高品質』になっているけど『最速ダウンロード』に変更することも出来るからね。臨機応変に使い分けていこう。

最高品質と言っても1080p以上の画質には対応していないから、1080pを超える動画は720pでダウンロードされちゃうんだけどね(笑)

RealPlayerの強みは、動画をダウンロードする時に、動画を事前に再生させておく必要がないことくらいかな。

広告が再生されている時にダウンロードすると、広告がダウンロードされちゃうという厄介な一面もあるけどね。

2016-12-19_15h26_26

ちなみにダウンロード後に、RealDownloader上で、ダウンロードした動画にカーソルを合わせると、mp3変換したり、トリミングしたり、共有したり、アップロードしたり出来るよ~。

さすがに他人の動画をアップロードするのはやめたほうが良いけどね。ワンクリックでmp3変換が出来るのは意外と重宝する機能かも。

保存先について

動画をダウンロードしたは良いけど、保存してある場所が分からない!!って人は少なくないと思うから教えておくね。

RealPlayerでダウンロードした動画は『C:\Users\あなたの名前Videos\RealTimes\RealDownloader』に保存されるよ。色々弄ってみたけど、保存先を変更することは出来ないみたいだね。

保存先が分からなくなってしまった場合は『左メニューの動画』→『ダウンロードした動画の上で右クリック』→『ファイルの場所』を選択すれば、保存した場所が開けるから余裕があれば覚えておこう。

プレミアムプランについて

月額499円のプレミアムプランに加入すると、基本プランでは出来なかった様々なことが出来るようになる。

詳しくは以下のテーブルを参考にして欲しい。

プライベート(非公開)モード 人に見られたくない動画ファイルを隠しフォルダに保存出来る。設定するPINコードを入力して隠しフォルダに保存した動画へアクセス可能。
DVD書き込み/高品質CD作成 DVDプレーヤーなどで再生出来るオリジナルDVDを作成出来る。HD動画をDVDに書き込むことが可能な上、本格的な音楽CD作成のための各機能も使用出来る。
高度な再生 DVDの再生、10バンドグラフィックイコライザ、ビデオコントロールの拡張、クロスフェードといった追加機能により、多くの形式の動画や音楽を自分好みの画質と音質に調整して再生出来る。
プレイパック H.264・VP3・MPEG・Xvid・DivX5 コーデックの MKV・AVI・Xvid・WebM・DivX 形式のファイルを再生・変換・編集・転送出来るようになる。
ミュージッククリーナー 楽曲情報データベースとの連携により、ライブラリ内の楽曲データを整理出来る。アルバム名やアルバムアート、アーティスト名、楽曲名などを自動取得し、重複や誤りを自動修正する。
ライブラリ印刷 ライブラリの内容をリスト化してプリントアウト出来る。印刷やPDF化しておくとファイルの整理、把握に役立つ。

以下は基本プラン(無料版)とプレミアムプランの比較。

プレミアムプラン 基本プラン
動画ダウンロード
プライベートモード
変換と転送(コピー)
スマホ、タブレットと接続
CDへ書き込み
DVDへ書き込み/高品質CDを作成
再生
高度な再生
プレイパック
管理
ミュージッククリーナー
(音楽ライブラリを自動整理)
ライブラリ保管
編集(トリミング)
共有

RealPlayer Plusについて

月額のプレミアムプランに対して、RealPlayer Plusは4,980円(期間限定で3,980円になっていることも)と高額な代わりに、1回の支払いで様々な機能が使えるようになる。

ただし、一部のプレミアム機能は使うことが出来ないから注意してね。

俺は分割払いが大嫌いな人だから、お金を払うとしたらRealPlayerPlusにするかな。一度で済んだ方が気が楽だしな。様子見をしたい人は、月額のプレミアムプランの方が良いだろうね。

ダウンロード出来ない場合

ダウンロード出来ない理由として1番多いのが、動画のページにアクセスしたのに『このビデオをダウンロード』のボタンが表示されないことだと思う。

解決方法は簡単。いくら対応している動画サイトであっても、RealPlayerがサポートしているブラウザを使用していなければ、ダウンロードボタンは出現しないから、以下のブラウザを使っているか今一度確認しておこう。

  • Internet Explorer 8、9、10、11
  • Firefox 37、32 ビット
  • Googe Chrome 35+、35ビット
  • Microsoft Edge (Windows 10)
  • Safari、Firefox

FirefoxとInternet Explorerを使っている場合は、プライベートブラウジングモードは使わずに、動画をダウンロードしてみてね。

サポートしているブラウザに変えたのに、それでもダウンロード出来ない場合は、最新の『Adobe Flash Player』がインストールされているか、また、RealPlayerの『最新ビルド』(一番新しいRealPlayer)を使用しているかを確認しておこう。

再生出来ない場合

フォーマットによっては、ファイルが再生出来ないことがあるよ。

例えばwebmのフォーマットとかね。これは単純にRealPlayerが対応していないってだけなんだけど、そういう場合ははっきり言ってどうしようもない・・・。

と言いたいところなんだけど『K-Liteコーデック』をインストールすることで、ファイルの再生が可能になることがある。

K-Liteコーデックをインストールした後、PCを再起動するだけだからぜひ試してみて欲しい。

2016-12-19_18h01_15

間違えて、上にある黄色のダウンロードボタンや青色のインストールボタンをクリックしないようにしてね。Basicの項目にある『Download Basic』をクリックすればダウンロード出来るからね。

音が出ない場合

音が出ない場合、大抵はRealPlayerではなく、自分自身に問題があるということを覚えておこう。大きく分けで3つのこと原因が考えられるよ。

  1. 再生しているファイルに問題がある
  2. システムのサウンド設定に問題がある
  3. サウンドカードドライバが古くなっている
原因を紹介したところで7つの対処方法をまとめておくね。順番に1つずつ試してみよう。

  1. システムの音量がミュートになっていたり、小さくなっていないか確認する
  2. 他のファイルを再生する
  3. サウンドカードが他のデバイスと競合していないか確認する
  4. バックグラウンドのプログラムを終了する
  5. サウンドカードドライバをアップデートする
  6. ダイレクトサウンドを無効にする
  7. 再生品質を『高信頼性』に設定する

これらの詳しいやり方は以下のページを確認して欲しい。

不具合が解決しない場合

ダウンロード出来ない。再生出来ない。音が出ない。などRealPlayerの不具合がどうしても解決しない場合は、他のダウンローダーを利用してみよう。

俺がおすすめしているのは、Freemake Video Downloader、Freemake Video Converter、TokyoLoader、5KPlayerの4つだね。5KPlayer以外は以下の記事で詳しく使い方を紹介しているから、目を通しておこう。

【完全版】Freemake Video Converterの使い方と危険性(ダウンロードできない&起動しない時の対処法)

2016.12.18

【完全版】Freemake Video Downloaderの使い方と危険性(インストール&動画のダウンロード方法)

2016.12.14

ダウンロード出来ない?TokyoLoaderの使い方と危険性について

2016.12.04

危険性はないのか?

結論から先に言うとRealPlayerは危険性がなく安全なソフトだよ。RealPlayerがリリースされたのは1995年。今から20年以上前なんだよね。

20年以上現役で活躍しているダウンローダーは他に聞いたことがないし、これだけ長く現役で居続けているってことは、それだけ利用者に対して満足度が高いサービスを提供出来ていることになるね。

無料なのに、動画の再生もダウンロードも変換も転送も出来て凄く便利!!なんだけど、変換もダウンロードもしていないのに、突然動作が重たくなるところは何とかして欲しいなって思う。

第6世代のCorei5なのに、CPU使用率が40%以上になったり、後は他のソフトに比べて頻繁にフリーズする印象がある・・・。

余計な機能がありすぎるせいなのか、ソフト内の広告が影響しているのかは分からないけどね。

ただ、動作がいくら重くてもRealPlayerのせいでウイルスに感染したり、不具合が起きたことは一度もないから、その辺は安心して使って良いと思う。

というか、素直に考えてRealPlayerをインストールする時に、ウイルス対策ソフトのNortonの導入をお勧めしてくるのに、悪質なソフトな訳ないよね。

最後に

実際に久しぶりに利用してみると、以前に感じた使いづらさはあまり感じられず、俺がおすすめしているTokyoLoaderと肩を並べるくらいスムーズに動画をダウンロードすることが出来たよ。

相変わらず、ダウンロード出来なかったり、再生出来なかったり、音が出なかったりと言った不具合は他のソフトに比べて多いみたい。

だけど、サポート外のブラウザを使っていたりして、RealPlayerではなく、意外と自分に原因があることが多かったりする。

また、動画のダウンロードだけではなく、CDやDVDへの書き込み、保存した動画のトリミング、動画の再生など、多彩な機能を備えているよ。

単純に動画をダウンロードしたいだけなら、TokyoLoaderやFreemake Video Downloaderで十分だけど、ダウンロードした動画を変換したい。再生したい。DVDに書き込みたい。と色々したいことがあるなら、RealPlayerを使ってみるのも悪くないんじゃないかな。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。