Windows10でテンキーを使って画面上のマウスカーソルを移動する方法

画面上のマウスカーソルは、マウスで動かすのが基本だし誰もが当たり前だと思っていることだと思う。

だけど、例えばワイヤレスのマウスを使っていて電池が切れてしまった。マウスが突然壊れてしまった。という時ですぐに新しいマウスを購入出来ない場合は凄く困るよね。

そこで、今回はテンキーを使って画面上のマウスカーソルを移動させる方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

テンキーを使って画面上のマウスカーソルを移動する方法

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックして、スタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

その他の方法で設定画面を開く

Windows10で設定画面を開く方法

Windowsの設定画面を開いたら『簡単操作』を選択しよう。

簡単操作の画面を開いたら、左のメニューから『マウス』を選択しよう。

次に、マウスキー操作の項目にある『テンキーを使って画面上でマウスを移動する』の項目をオフからオンに切り替えよう。

これで、一応テンキーでマウスカーソルが移動できるようになったんだけど、このままだとカーソルの移動速度がめちゃくちゃ遅い!ということで続けて以下の設定もしていこう。

補足

2が下移動、4が左移動、6が右移動、8が上移動。

テンキーを使って画面上でマウスを移動するをオンに切り替えると、下の2つの設定もオンに変更出来るようになるよ。

ここで特に注目して欲しいのが『Ctrlキーを押したままにすると加速し、Shiftキーを押したままにすると減速』するという項目だね。テンキーでマウスカーソルを移動したいなら、これは必ずオンに切り替えておこう。

これをオンにすることで、Ctrlキーを押しながらテンキーでマウスカーソルを移動させると、かなりの速さで動いてくれるようになるからね。

Shiftキーを押したままにすると減速するけど、Shiftを押さなくても、Ctrlキーを離せば減速するからあまり必要のない機能かな。

NumLockキーがオンのときにマウスキー機能を使う。もオンにしておいた方がいいね。これをオンにしておけば、純粋なマウス操作とマウスキー機能の両立が出来るようになるからね。

マウスキー操作を使ってみたけど、もう使わなくなった。という場合は、テンキーを使って画面上でマウスを移動するをオフにするだけでOKだよ。

これをオフにすれば、下にある2つの設定も一緒にオフになってくれる。

コントロールパネルから設定する方法

まずはコントロールパネルを開こう。

コントロールパネルを開く方法は以下の記事を参考にしてね。

【初心者向け】Windows10でのコントロールパネルの開き方と表示する方法

コントロールパネルを開いたら『コンピューターの簡単操作センター』を選択しよう。

コンピューターの簡単操作の画面を開いたら『キーボードを使いやすくします』をクリックしよう。

続いて『マウスキー機能を設定します』をクリックしてね。

ちなみに、ここで『マウスキー機能を有効にします』にチェックマークを入れて『OK』をクリックすれば、テンキーでマウス操作は出来るようになるけど、細かい設定をしたい場合は、このまま読み進めて欲しい。

改めてこの画面で『マウスキー機能を有効にします』にチェックマークを入れてから『OK』をクリックしよう。この画面では、ポインターの速度(最高速度、加速設定)、NumLockキーの設定などを変えることが出来るよ。

最後に

マウスキー機能はお世辞にも使い勝手が良いとは言えない。使うとしたら本当に緊急の時だけだね。いかにマウス操作が優れているか改めて分かった瞬間だった。ということで、出来ればいつマウスが壊れてもいいように、常にマウスをストックしておこう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。