Windows10マルチディスプレイで別々の壁紙を設定する方法

ひと昔前に比べて、2枚以上のディスプレイを使っている人が増えてきているように思う。それもこれも、2枚以上のディスプレイを使うことで、作業効率が格段にアップすることが分かってきたからだろうね。

かくいう俺も2枚のディスプレイ(デュアルディスプレイ)を利用している。それで、ディスプレイを2枚以上にして最初にやることと言えば、別々の壁紙を設定する作業じゃないかな?

シングルディスプレイでは1種類の壁紙しか設定することが出来ないけど、2枚、3枚と増やしていくことで、一度に多くの壁紙を設定することが出来るよね。もちろん、同じ壁紙を設定すしても良いんだけど。

そこで今回は、2つ以上のディスプレイを使っている人を対象に、それぞれに別々の壁紙(背景)を設定する方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

既存の機能を使う

まずは、Windows10に搭載されている機能を使って設定する方法から紹介していくね。今回紹介する方法は、Anniversary Update以降に追加された機能だから、まずは古いバージョンを使っている場合は、Windows10を最新バージョンにアップデートしておこう。

デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』を選択してスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを表示させたら『設定のアイコン』をクリックしてね。

その他の方法で設定画面を開く

Windows10で設定画面を開く方法

Windowsの設定画面を開いたら『個人用設定』を選択しよう。

その他の方法で個人用設定の画面を開く

デスクトップ画面の何もない場所で右クリックしてメニューを開き『個人用設定』をクリックするか、コントロールパネルから『個人用設定』を選択する。

個人用設定の画面を開いたら、左のメニューから『背景』が選択されていることを確認して、背景の項目が『画像』になっていることを必ず確認しよう。

設定したい画像が既に表示されていれば良いんだけど、表示されていない場合は『参照』をクリックしよう。

参照をクリックしたら、設定したい画像を選択してから右下にある『画像を選ぶ』をクリックしよう。

画像を背景のメニューに表示させたら、その画像を選択して右クリックしてメニューを開き『モニター1に設定』『モニター2に設定』を選択しよう。

ディスプレイを2枚使っている場合、基本は、左側のモニターがモニター1、右側のモニターがモニター2になるんだけど、設定で逆になってることもあるよ。モニター1か2か確認する方法は次の見出しで紹介していくからね。

この方法なら、変更を保存するなどのボタンをクリックする必要もなく、選択するとすぐに変更が反映されるよ。

SPONSORED LINK

モニター1、モニター2などを確認する方法

モニター1、モニター2などを確認する方法は以下の通り。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを表示させたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

Windowsの設定画面を開いたら『システム』を選択しよう。

左のメニューから『ディスプレイ』が選択されていることを確認し、ディスプレイのカスタマイズの項目の1番上のプレビュー画面を確認しよう。

1と表示されている方がモニター1、2と表示されている方がモニター2だよ。3枚以上使っている人は2以降の数字も表示されているはず。

SPONSORED LINK

フリーソフトを利用する(MultiWallpaper)

まずは『こちら』にアクセスして、MultiWallpaperのダウンロードを済ませておこう。

紹介したページにアクセスしたら『窓の社からダウンロード』をクリックしよう。これでMultiWallpaperをダウンロードすることが出来るよ。

ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたファイルを右クリックしてメニューを開き『解凍』→『デスクトップに解凍』とクリックしていこう。

解凍が終わったら『MW29』のフォルダーをダブルクリックして開いてみよう。

続いて『MultiWallpaper.exe』をダブルクリックして起動させよう。

MultiWallpaperを起動させたら、壁紙を設定したいディスプレイをマウスクリックで選択しよう。選択すると黒色の枠から緑色の枠に変化するよ。

選択したら『参照』をクリックして、設定したい画像を選択していこう。

設定したい画像を見つけたら、選択して『開く』をクリックしよう。これで壁紙を設定することが出来るよ。同じ作業を繰り返して、別のディスプレイにも壁紙を設定していこう。

上の画像のように、全てのディスプレイに壁紙を設定したら・・・

右下にある『適用』をクリックしよう。これで設定した壁紙を反映させることが出来る。

SPONSORED LINK

以前の方法で別々の壁紙を設定する

まずは、タスクバーに表示されている『エクスプローラーのアイコン』をクリックしよう。

エクスプローラーの画面を開いたら、今現在の場所が表示されている欄をクリックしよう。

クリックすると青くなる。ここに以下の文字列をコピーして貼り付けよう。(Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付け。)

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

文字列を貼り付けるとこんな感じになる。貼り付けたら『Enter』を押そう。

すると、別のウィンドウで『デスクトップの背景』の画面を開くことが出来る。ちなみに、この画面はコントロールパネルや設定画面からは開くことが出来ないから、わざわざこの手順を実行する必要があるよ。

後は設定したい壁紙を選択して右クリックしてメニューを開き『モニター1に設定』『モニター2に設定』を選択しよう。

壁紙を設定したら『変更の保存』を必ずクリックしよう。設定画面から壁紙を設定した時と違い、この画面では変更の保存をクリックしないと、壁紙を変更した内容が保存されないよ。

SPONSORED LINK

最後に

最新のWindows10であれば、わざわざフリーソフトをダウンロードしなくても、別々の壁紙を設定出来るのは嬉しいね。せっかく2枚以上ディスプレイがあるんだから、同じ壁紙を設定するんじゃなくて、別々の壁紙を設定して贅沢を満喫するのも良いんじゃないかな?

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。