Windows10でディスプレイの電源を勝手に切れないようにする方法

Windows10を使っていて、自分でディスプレイの電源を消した訳じゃないのに、PCを暫く放置していたら電源が勝手消えてしまう。という経験をしたことはないかな?俺も何回かこういう経験をしたことがある。

こういった症状が起きてもディスプレイ側の設定ではどうにも出来ないけど、Windows10から設定を変更すれば勝手に消えないように変更することが出来るよ。

そこで今回は、ディスプレイの電源を勝手に切れないようにする方法を詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

ディスプレイの電源を勝手に切れないようにする方法

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを開こう。

スタートメニューを開いたら『設定のアイコン』をクリックしよう。

その他の方法で設定画面を開く

Windows10で設定画面を開く方法

Windowsの設定画面を開いたら『システム』を選択しよう。

システムの画面を開いたら、左のメニューから『電源とスリープ』を選択しよう。

電源とスリープの画面を開いたら『次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る(電源に接続時)』の項目をクリックして欲しい。

クリックすると、ディスプレイの電源を切る時間を細かく調整することが出来る。ディスプレイを勝手に切らないようにするなら『なし』を選択しよう。個人的に1時間以上であればかえって節電になって良いと思ってるけどね。

ディスプレイの電源を切るまでの時間の詳細

1分、2分、3分、5分、10分、15分、20分、25分、30分、45分、1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、なし

SPONSORED LINK

コントロールパネルから設定する方法

次にコントロールパネルから設定する方法を紹介していくね。

コントロールパネルを開くには、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』の上で右クリックし・・・

メニューを開いたら『コントロールパネル』を選択しよう。

コントロールパネルの画面を開いたら『電源オプション』を選択しよう。

補足

表示方法をカテゴリにしている場合は『システムとセキュリティ』→『電源オプション』とクリックしていこう。

電源オプションの画面を開いたら、左のメニューから『ディスプレイの電源を切る時間の指定』をクリックしよう。

プラン設定の編集画面に進んだら『ディスプレイの電源を切る』の項目をクリックして欲しい。

クリックすると、ディスプレイの電源を切る時間を変更することが出来るから、勝手に電源を切る設定を無効化にしたい場合は『なし』を選択しよう。

最後に『変更の保存』をクリックすると、変更内容が反映されるよ。

SPONSORED LINK

最後に

今回はやり方を2つ紹介したけど、1つ目に紹介した方法の方が簡単だと思う。コントロールパネルを使う場合は、他の設定のついでかより細かい設定をしたい時に利用しよう。今回のことに限らず、簡単な設定であれば、コントロールパネルより設定画面の方が使いやすいね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。