Windows10を初期状態に戻す(リカバリー)方法の全て

PCを使い始めて間もなくPCに詳しい人とSkypeを通じて仲良くなったんだけど、その人によると、何か不具合が起きていなくてもリカバリーは定期的に行った方が良いとのこと。

確かに、PCは使えば使うほど、色々なものが蓄積していくからね。その人が言いたかったのは、一度リセットして綺麗にした方が良いということなんだろうね。

ほら、自分の部屋も便利だからって色々なものを何も考えずに買っていったら物が沢山になるじゃない。その結果、便利にするつもりが物が多すぎてかえって不便になるという。

もちろん、リカバリーをしなきゃ絶対ダメってことはないから、時間に余裕がない人は不具合が起きてからすれば良いと思う。その場合だとかえって時間がかかったりするんだけどね。

この記事では、Windows10をインストールしているPCを初期状態に戻す(リカバリー)方法をどこよりも詳しく紹介していくよ。


SPONSORED LINK

PCを初期状態に戻す(リカバリー)前に

PCを初期状態に戻す前に、PCが正常に起動するようであれば、大事なファイルは外付けハードディスクにバックアップしておこう。と言っても、外付けハードディスクを持っていない!という人もいると思う。

ハードディスクのことを知らない人はどれくらいお金がかかるのが心配になるかもしれないけど、今の時代ハードディスクは大容量でも凄く安い。

10年ほど前は300GB程度のハードディスクでさえ1万円くらいしたけど、今は3TBで1万円しないくらいだからね。ちなみに、500GBのハードディスクは6000円前後するんだけど、500GBを買うくらいなら3TBとか2TBのハードディスクの購入をおススメするよ。

少なくとも必要としている容量ギリギリのハードディスクの購入はおススメしない。だって、これから動画とか画像とか沢山保存していくかもしれないじゃん。

あなたには、やっぱりあの時もっと容量の大きいものを買っておけば良かったって後悔して欲しくないからね。

バックアップする方法に関しては以下の記事を参考にして欲しい。

Windows10でバックアップと復元をする方法の全て

SPONSORED LINK

Windows10がインストールされているPCを初期状態に戻す方法

準備が出来たところで、PCを初期状態に戻す方法を紹介していくね。

まずは、デスクトップ画面左下にある『Windowsのアイコン』をクリックしてスタートメニューを表示させよう。

スタートメニューを表示させたら『設定のアイコン』をクリックして欲しい。

その他の方法で設定画面を開く

Windows10で設定画面を開く方法

Windowsの設定画面を開いたら『更新とセキュリティ』を選択しよう。

更新とセキュリティの画面を開いたら、左のメニューから『回復』を選択。

回復の画面を開いたら、このPCを初期状態に戻すの項目にある『開始する』をクリックして欲しい。これで初期状態に戻す画面に進むことが出来るよ。

開始するをクリックしたらオプションを選択してください、という画面が表示されるから、出来れば『個人用ファイルを保持する』を選択して欲しい。

個人用ファイルを保持するを選択してね。とか言っておきながらなんだけど、今回は少し操作が複雑になる『すべてを削除する』を選択していくね。

どちらを選択しても『このPCを初期状態に戻す準備が出来ました』の画面で合流することになるから心配はいらないよ。

補足

どちらを選択しても良いけど、個人用ファイルを保持するを選択すれば、アプリと設定は削除されるけど、音楽、写真、ビデオなどのライブラリはそのまま保持されるよ。

選択すると準備しています、しばらくおまちください。というメッセージが表示され、10秒ほど待っていると、ドライブのクリーニングを実行しますか?の画面が表示されるよ。

補足

外付けハードディスクなどを接続していてドライブが複数存在している場合は、PCに複数のドライブががあります、という画面が表示される。

まさか外付けハードディスクのファイルまで削除したい人はいないだろうから『Windowsがインストールされているドライブのみ』を選択していこう。

いないと思うけど、他のドライブのファイルも消したい!って人は『すべてのドライブ』を選択して欲しい。PCが苦手な人は、選択項目の下にある『影響を受けるドライブ一覧を見る』も合わせて確認しておいた方が良いかも。

ドライブのクリーニングを実行しますか?の画面に移動したら、特に理由がない限りは『ファイルの削除のみを行う』を選択して欲しい。

補足

ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行するを選択すると、ファイルの削除のみ行う場合に比べて時間がかかる代わりに、削除したファイルが他の人の手によって復元されにくくなる。

リカバリーしてPCをどこかのお店に売りたい!という場合は、こちらを選択した方が良いね。

個人でリカバリーをするだけなら、誰かにファイルを復元される機会はないだろうから、わざわざ時間がかかる方を選択する必要はない。

このPCを初期状態に戻す準備が出来ました、の画面が表示されたら『初期状態に戻す』を選択しよう。

初期状態に戻すと・・・

  • 設定が規定値に戻る
  • PCに付属していなかったアプリとプログラムが全て削除される
  • 個人用ファイルを残してWindows10が再インストールされる

初期状態に戻すをクリックすると『このPCを初期状態に戻しています、準備ができるまで少しお待ちください』というメッセージ画面が表示される。

パーセンテージが100%になるまで待機しよう。環境によって大きく変わってくるけど、俺の場合は15分程度で100%に達してくれた。

100%に達すると『再起動しています』→『Windowsの準備をしています、コンピューターの電源を切らないでください』というメッセージが順番に表示される。後者のメッセージは数分程度消えない。このメッセージが消えるともう何度か再起動が実行されるよ。

このPCを初期状態に戻しています、ここはまたパーセンテージが100%になるまで待つ必要があるね。(30分前後)

PCがリセットされましたが、すべての個人用ファイルを削除することはできませんでした。このPCをだれかに譲る場合やリサイクルする場合は、もう一度リセットを実行してください、というメッセージ画面が表示されたら、構わず『OK』をクリックして欲しい。

Windowsのインストールしています。この画面が表示されると、機能とドライバーがインストールされ、それが終わるとWindows10の設定が構成される。

Windowsの設定の構成が完了すると、こんにちはの画面が表示される。

お住まいの国/地域、アプリで優先する言語、使用するキーボードのレイアウト、現在のタイムゾーンがそれぞれ設定出来るようになる。ここは何も弄らないで『次へ』をクリックしよう。

法的文書をお読みください、の画面。ちょっと長くなるけど文章をしっかり読んでから『承諾する』をクリックして欲しい。

接続する。この画面ではデバイスのセットアップを完了するためのネットワークを選択しよう。今回は、ネットワークの接続はせず『この手順をスキップする』をクリックしていくね。

すぐ始まることができますの画面。

カスタマイズか簡単設定を使うを選択して欲しい。カスタマイズを選択すると細かい設定が出来るようになる。逆に簡単設定を使うと、余計な設定を省略してくれる。今回は『簡単設定を使う』を選択していくね。

以下の記事では簡単設定を使ってクリーンインストールをしているよ。

Windows10でクリーンインストールする方法の全て

このPC用のアカウントの作成画面。ユーザー名、パスワード、確認用パスワード、パスワードのヒントをそれぞれ入力したら『次へ』をクリックして先に進もう。

はじめまして、Cortanaと申します。の画面。ここは『Cortanaを使う』を選択しよう。

Cortanaの設定が終わると『こんにちは』→『ようこそ準備をしています。PCの電源を切らないでください』と順にメッセージが表示されるよ。

さらに『Windowsは最新の状態に維持され、オンライン時のユーザーの保護に役立ちます』→『さあ始めましょう』とメッセージが表示され、最後のメッセージが消えたら、サインインが終わりデスクトップ画面が表示される。

これでWindows10を初期状態に戻す(リカバリー)ことが出来たね。

SPONSORED LINK

自動修復メニューから初期状態に戻す方法

Windows10が起動出来ない場合は、この方法を使って初期状態(リカバリー)に戻していこう。

自動修復メニューを表示させるには、Windows10を起動している時にリセットボタンか電源ボタンを長押しして強制終了させてから電源を入れ直す。この作業を2回繰り返して欲しい。

Windowsの構造上、2回起動に失敗すると3回目の起動で必ず自動修復画面が表示されるよ。自動修復画面が表示されたら『詳細オプション』をクリックしよう。

補足

オプション画面は『設定』→『更新とセキュリティ』→『回復』→『今すぐ再起動する』から表示させることも出来るよ。

オプションの選択画面を開いたら『トラブルシューティング』を選択しよう。

トラブルシューティングの画面を開いたら『このPCを初期状態に戻す』を選択しよう。

このPCを初期状態に戻すの画面に進んだら『個人用ファイルを保持する』を選択しよう。個人用ファイルを保持するを選択すると、PCが自動的に再起動される。

再起動が終わると、このPCを初期状態に戻すの画面が表示される。

ここでは、該当するアカウントを選択しよう。アカウントが表示されていない場合やパスワードを忘れた場合は『パスワードを忘れた場合、またはアカウントが表示されない場合』をクリックして欲しい。

パスワードを入力したら『続行』をクリック。

このPCを初期状態に戻すの画面が表示されたら『初期状態に戻す』をクリックして初期化(リカバリー)を実行させよう。

ここから先は、1つ前に紹介した初期状態に戻す方法の手順と全く同じだから省略させてもらうね。

SPONSORED LINK

最後に

Windows10になってリカバリーが簡単に出来るようになったね。

相変わらず初期状態に戻すまでも時間はかかるんだけど、こちらでやることはなくずっと待っていればいいだけだから本当に楽。とは言え、ずっと待っているのは苦痛だから、寝る前とかどこか出掛ける前とかに実行して放置しておくと良いかもね。

リカバリーを実行すると、少なくとも2時間はPCが使えなくなるからPCを使った急ぎの仕事などがない時で。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

T氏

神奈川に住まいの28歳の男。焦らずゆっくりまったり。ほぼ毎日更新してます。書きたいことを書いていくだけだから、ジャンルに統一性は全くないです。今後とも『社会のレールから外れた男』をよろしくお願いしますー。